7等星/羽根
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 笹峰霧子 
- 鵜飼千代子 
- 宗像現象 
- もとこ 
- 秋葉竹 
- るるりら 
見えない光を 見る力を 想いました。
- 未有花 
- 青の群れ 
- 空丸ゆらぎ・続 
- 梅昆布茶 
- 渡辺亘 
- 白島 真 
- ひだかたけし 
- しょだまさし 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>真夜中の済んだ夜に
「済んだ夜」の用字は誤りではないですか?
正しくは「澄んだ夜」では?
また、一行に「夜」が二回出て来ており、重言になっています。

>たとには人間には見えなくても
「たとには」とありますが、「たとえ」の誤りではないですか?

---2018/06/19 17:47追記---
>真夜中の澄んだ日に
このように変更されましたが、「日」と言えば日中、昼間のイメージです。
夜と昼のイメージが一行中で齟齬を醸し出している印象です。
「真夜中の澄んだ空に」或いはシンプルに「澄んだ真夜中に」などというような表現であれば、すっきりするように思います。
 
作者より:
孤蓬さん。ご教示有難うございます。
訂正しました。

戻る Home
コメント更新ログ