こおり/朝の空/鏡/田中修子
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 秋葉竹 
- 葉山美玖 
- 梅昆布茶 
- 暁い夕日 
無駄のないリズムと無駄のない表現。
- ホロウ・シカエルボク 
- 間村長 
- 氷鏡 
- 仲程 
ん.みいとぅ
- 羽根 
私は詩人ではなく、ポエム書きですが、
この場にいる詩人は、意地が悪い人が多いと
思っています。もちろん私も意地が悪いですm(_ _)m
- 宵闇 
- るるりら 
自分を
偽らないためには、自分をわかってないと 無理で、だから すん と しました。
こおり。おんなのこの名前ぽいのだ。
- そらの珊瑚 
- ペペロ 
- 白島 真 
 
作者より:
秋葉竹さん、葉山美玖さん、梅昆布茶さん、ホロウ・シカエルボクさん、間村長さん、氷鏡さん、宵闇さん、そらの珊瑚さん、ペペロさん、白島 真さん、ポイントをありがとうございました。 

暁い夕日さん
おお、無駄、なかったですか。
モヤモヤを書いたらたまたまこんな形になったのです。

仲程さん
みぃとぅ のコメントありがとうございます。
似た気分になれたのならうれしいです。

羽根さん
私は詩人なのかなんなのか自分でよくわかっていなくて、詩のことを勉強中です。
ポエム(近代詩)の風当たりが強いっぽいのはなんとなくわかってきました。

自分で自分の意地の悪さを知っている人は、そこまで意地悪くないと、なんとなくおもうのです。

るるりらさん
わたしは自分をわかるわからない以前に、まだほとんど自分がなかったりします。
だから文章を書いているのかなぁ。
困ったものです。
こおりちゃん、かわいいな!

戻る Home
コメント更新ログ