りぼん/葉山美玖
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 鵜飼千代子 
手のひらいっぱいの塩を叩きつけてやったような感じで、なんだかすかっとした気持ちがしました。貰い事故で悲惨死するかもしれないから縁起だけ担いでおいて放置プレイしましょ。それが一番のお灸かもね。
---2018/04/11 00:50追記---

わたしは読後尻上がりの気分になる詩を書きたいと思いながらネガティブな詩を勢いで書いてしまうこともままあってネガティブな詩はあまり好きではないのですが、この詩は死に装束の縁起の悪い縦結びに靴紐を結んだり、地味で根暗で何になる?なのかもしれないけれど、何にもできないのは悔しいという気持ちもあって、何かしたいけどだけど、だけど。自分の靴紐を死装束の縦結びって、ストーカーとかリベンジポルノとかいう方法ではなく、だけど、吐き出したい思いのような、それを読んで、その気持ちを受け止めて、共感できました。悔しい気持ち、こんな風に自己処理出来たらいいなという意味で、読めて良かった詩、将来の御守りにとっておきたい詩だと思いました。

わたしが言っていいのかな?お忍びで現代詩フォーラム参加だったらごめんなさい。
第49回埼玉文芸賞詩部門準賞 受賞おめでとうございます。

詩を書いているって言うと世間には笑われるのかもしれないけれど、知ったことじゃないから、詩を書いていますって胸を張って言いましょうね。ぼちぼちいきまひょ。ପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

- 唐草フウ 
- 空丸ゆらぎ・続 
- 暁い夕日 
- もとこ 
- 宵闇 
- 一輪車 
- 田中修子 
- 狩心 
ドンマイ、がんばれ
- 望月遊馬 
- ペペロ 
- 白島 真 
- 梅昆布茶 
-  
 
作者より:
鵜飼さん

どうもありがとうございます。
罪を憎んで人を憎まず、
忘れてしまうのが一番だと今は思います。

追記拝見させていただきました。
今、いろんな形で男性への報復の方法もありますね。#metooとか。
でも、女性の権利擁護が遅れている日本では、
こういう詩で吐き出すほかにないことも沢山あるのが現状です。

遅ればせながら、激励ありがたく思っております。


狩心さん
嬉しいです!

沢田健一さん

かなり落ち込んでいた時、書いた詩です。
自分としてはこねくった方です。


戻る Home
コメント更新ログ