Fallin/ホロウ・シカエルボク
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- Lucy 
丁寧に選び抜かれ、大切に置かれた言葉のひとつひとつが胸に染み入るようで、何度も繰り返し読みたくなりました。
---2018/03/17 23:21追記---
ひゃあ本当ですか・・私はてっきり推敲に推敲を重ねた作品だと・・。私も投稿欄にじかに書いてしまうこと、たまにありますが、たいてい速攻で削除するほかはないような代物です。尊敬・・
- 青の群れ 
- たこすけ 

常識を意識しながら丁寧にその行動を記録する。
息はどこにながれ、息はどこに送り込まれ、何が膨らむか。
そんなことを繰り返すと膨大な量のデータがとれてしまう。
その量に意味はないが、上手に切り取った意味のある部分がこの詩には注がれている。よーなきがいたします。

雪の中を飛ぶ雀に家はあるのだろうか。
はやく、屋根のあるところにおかえりとどんぐり目で言う。
雀は首を軽くかしげ、
それがどうしたっていうんだと
高く、高く天に飛んでいってみえなくなった。
不敵に笑う雀は、賢さも愚かさも簡単な善悪で判断せずに
自分の常識で飛ぶだろう。
安全への配慮など飛ぶには重たすぎて
ナンセンスなのさ。小さい人間よ。

と、さっき、すずめとおはなししておりました。


 
作者より:
Lucyさん

アレですね、たまには構えずに
投稿欄にじかに書き込んでみるのも
感じが変わって良いですね^^

---2018/03/18 01:23追記---

いや、僕ね、推敲ってしないです
投げっぱなしです、いつも。
たまぁに、何日もかけて
ゆっくり書かざるを得ないものがあって
そういう時の詩は推敲と言えるのかもしれないけど。

でも、昔ほど勢い任せでは書いてはいないですけどね^^

青の群れさん

ありがとうございます。

---2018/03/25 01:31追記---

たこすけさん

鳩って、地形を覚える能力が凄いんですって
だから伝書鳩なんてものが出来たらしいです
必ず帰ってこれるから。
(最近は携帯電話の電波で帰ってこれないらしい)
なんて、メジャーな話ですけどね^^

しかし雀っていうと、よくガラスに突進して
死にますよねぇ
以前、小学校で朝礼中に
体育館の窓にそうやって激突した雀が居て。
あんな小さいのにものすごい音がするんだよねぇ…。

Home
コメント更新ログ