ソとレをなくしたピアノフォルテ/たこすけ
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- もとこ 
- 水菜 
---2018/03/10 11:43追記---
>ソとレがあったら上手に泣けるでしょう。
>きっとワォンワンないてやる

ただ、ひたすらに、表現が可愛らしい。秀逸。
そして、泣きそうなピアノフォルテが、ただただ愛らしい。
- 仲程 
- 梅昆布茶 
- 長崎螢太 
- ただのみきや 
- 葉山美玖 
- るるりら 
- 空丸ゆらぎ・続 
- しょだまさし 
- しゃぱだぱ 
- Bettyblue 
-  
- 帆場蔵人 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 狩心
一つ提案です。

たこすけさんの過去に起きた出来事と未来にほぼ確実に起きるであろう出来事を書いて、それについて述べたら(自分の心の内を書いてもいいですが)、一定の詩になるのではないかと思いました。

たこすけさんの作品を3つ読んで、いわゆる詩を書くというよりも、実際に起きた具体的なことを詩に起こしたら、なんかそのまま人間性が出てきていいんじゃないかと思った次第です。3作品とも肩ひじ張らずに自然な印象を受けたというか、もちろん私も含め、どうにか詩にしようと背伸びしたりするとは思うんですが、なんていうか、たこすけさんの場合は力抜いた方がいい詩が書ける気がして。逆に私の場合はすっごく力んで書かないと書けない感じです。私が感じたたこすけさんの印象は、我慢強くて、のんびりで、やさしい印象です。なんていうか、人生の年輪を「具体的に」書いたら、ただそれだけで味が出る気がして。

私の見当違いだったらすいません。適当なコメントで申し訳ないですが。。もし参考になれば。。。

---2018/03/10 16:45追記---

友達の話。非常に興味がありますし、僕以外の人もそういった話を読むことは有意義だと思います。

名前の由来ですが、期待外れで申し訳ないですが本名です。
程塚 狩心 (ほどつか かしん)と読みます。

海外に行って、マイネームイズ ハートハンター と言ったら、
アーユーアー プレイボーイ? と笑いが起きました。

実際は 心を狩る、ではなく、
おやじ曰く 狩人の心。
おやじの趣味が、釣りと、山鳥を鉄砲で撃つことだったので、
おやじの趣味がそのまま名前に付けられた感じです^^;


---2018/03/11 21:28追記---

実の兄貴の名前が大介です(笑)

コメントがお互い有意義になって良かったです^^
 
作者より:
お読みくださりありがとうございます。
なんか、最後は面白おかしく終わりたいのに終われないので、そのうち書き直しますー。
---2018/03/07 12:04追記---
今まで、なるたけコメントつけてくれて方へ名指しで返信するのに戸惑いがありましたが、
それは単なる私の変な癖だったなぁと
頂いたコメントを読んでそう思いました。

狩心さんへ

ほうぼうで、「やらかした」破落戸のろくでもない思いでが
まさに蒼くのびてきたり、あえて自分から迎えているふしがあるとこの詩を書きながら思い返しています。
そういった思い出をあえて書いてこなかった、書いてもすぐ消してきた。思い出には常に友達ばかりで、本当に悪い奴らは居なかった。これまで友の思い出に私の狭い見識で名札をつける自信はなかったのかもしれませんね。書くには時期尚早で、無駄に心配させることもあるでしょうから。

狩心さんの魅力的な提案を書くというのは
なかなかに私にとってはよい意味の挑戦ですね。
もしかしたら、それが私の本来のメロディを取り戻す手段なのかもしれません。。力をぬき、思いのままに


蒼く、今は心地よい響きが頂いたコメントで優しく頭を撫でられたようです。
現代詩フォーラムに染まらないでとお願いされた思い出を
ポケットから取り出す岐路にきたのかもしれません。

それと、ひとつ、よかったら聞かせて下さい。
狩心さんの名前の由来はなんですか?


---2018/03/07 12:45追記---

---2018/03/07 12:47追記---

---2018/03/10 23:38追記---



おお、物凄い名前ですね。
狩りの心と聞くと、強いとか弱いとかそういう軟派なものでなく、ただ厳格さが自然を前にするとそこにあるような感じもしますが
ゲームの世界となるとガラリと変わるのが不思議なところです。
私の名前は単純で鈴木+大きなお節介 といった名前です。

ふふふ。久しぶりに友の詩を読んできました。
だから、狩心さん。。たぶん、あなたのコメントは最上のコメントだったと思います。
なんのことやらと思いでしょうが、ずいぶん、むかしのことですし、それの答え合わせするのは野暮ということでして。


おお、なんたるぐうぜん!
私には弟はいませんので、狩心さんの兄じゃなかったみたいです。残念。あはは!

今、狩心さんの絵を、眺めています。
なんのモジュールを抜いた絵なのかなぁとみたり、想像しています。詩とともにそのうち感想いっちゃいまーす!!


---2018/03/10 23:49追記---


水菜さんへ。
お褒めに預かりこうえいです。
吉本バナナか江國香織の犬が死んだときに
彼女はびょおびょお(狂言だっけ能だっけ 犬のなきかた。びょおびょお)泣いたという影響からそんな風に書いてみました。ひとつのいたずらめいていたものを、可愛いと読んでいただいたので安心しています。


---2018/03/13 12:18追記---

訂正履歴:
最後が気に入らなくて気に入らなくて18-3-7 0:39

戻る Home
コメント更新ログ