未処理/ねむのき
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- もとこ 
- 空丸ゆらぎ・続 
- 間村長 
- たこすけ 
前にアフリカの子供が書いた絵を見る機会がありました。
絵の中央には母親の肖像
その母親を丸くかたどるようにオレンヂと赤と黄色の年輪のようにグラーデーション。
最後の色は強い黒でした。
言わずもが太陽と夜でしょう。

それらは私たちには平等にあるはずなのに
身近か、そうでないかの違いがあるようです。

最近、種になってとぢこもっていたのですが
ひょんなことからまたこうして
芽をだして、言葉をつらねております。

つばさの、羽のあとに
続いてもおかしくない悲しみが連ねてないのが
私には、ある程度の高い忍耐力を見ているようで
この詩が好きになりました。


とりとめない文章で申し訳ありませんが
たた、最後の言葉を伝えたかっただけなのです。

- 唐草フウ 
- 1486 106 
- そらの珊瑚 
- ヤスヒロ ハル 
- 望月遊馬 
美しいです

戻る Home
コメント更新ログ