ほとり/そらの珊瑚
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ただのみきや 
魂によき水源をお持ちですね。
静けさと心地よいつめたさ
やわらかな朝の光を分けていただきました。
- 由木名緒美 
- 梅昆布茶 
- Lucy 
上質の言葉で紡ぎだされたレースのように、
透明感のある素晴らしい詩だと思います。
---2016/09/19 12:15追記---
- 杉本純 
- まいこプラズマ 
一つ一つの言葉は普通の言葉なのに
、キラキラしたものを感じるのは何故
なのかな?不思議です。
- minomi 
- 田中修子 
なんだかとてもきれいです。
ほとり、ほとり、ポトリ。
- 白島 真 
一行たりとも無駄のない凝縮された素晴らしい詩ですね。
- 乱太郎 
- 夏美かをる 
- 長治和幸 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- もっぷ
これを書いたのはいつですか
うそを言わないでくださいね
(「あやとり云々(これはいただいた選評よりの件)」だとかなんだとか
正直言って前々からいくどもいろいろ感じてた)


削除は絶対にしないでください
ここも消えるから


***
「ほとり」そらの珊瑚

手にしていたのは
小さなひしゃく

星が消えた途方もない夜は
蛍を連れて

そしてたどりつく水源の
ほとりは

どこへつながっているのか
どこへもつながっていないのか

汲み上げた液体、おそらく水を飲み干し
朝が来るのを待って

そして詩を紡ぐ
このほとりで


***
これが初めてなら、言わなかった
、以上にします
 
作者より:
ポイント、コメントいただいた皆様、ありがとうございました。

敗荷さんへ
これを書いたのは19日です。
この詩と似ている詩が以前に書かれていたということでしょうか。
私がそれを読んでいて(読んでいたとしてもたぶん覚えていません)
無意識下でそれに似てしまったという可能性は否定しませんが
意図的に盗用などしておりません。

---2016/09/20 15:57追記---

戻る Home
コメント更新ログ