早春の詩集/長崎螢太
たこすけさんのコメント
---2018/03/09 07:11追記---
私のなかの星座とこの詩にちりばめられているぴかぴかする星が銀河となってぐるぐるしている。

最初のプロローグの連で作者の両手で目隠しをされて、
やぁ、なんだろうとおもったら
読み進めていくうえで
だんだんとはっきりしている生きて得た知恵と
書いてきた、そして見つけた言葉が
ぴたりとあわせた符丁となってるからだろうか
心地よく力強いですね。