ミシガン・レリックス 4/AB
森田拓也さんのコメント
おはようございます
最終行の、笑顔の似合う若者、と主人公が
感じられたのは、どこか、その若者の笑顔に
自分自身の青春、若き日を重ねられたのかなって、
感じました。
時の流れの中での、主人公の過去を振り返る
回想的な魅力も感じたんですけどね。