眼差し/ひだかたけし
孤蓬さんのコメント
口語による作品中、二人称代名詞「汝(な)」のみが時代がかった古語になっているのが不自然です。
特に、作中の口語による二人称代名詞「おまえ」との対比において、ちぐはぐな印象を惹起させます。

また、「ゆらゆらと/揺れ動く葉よ」とありますが、葉が揺れる様子を「ゆらゆら」というオノマトペで表現するのは実に月並であり、単に当たり前のことを何度も冗長に繰返しているだけのような印象です。

それから、「浅薄濁った」というのも変です。
「浅薄」というのは薄っぺらいことですから、濁るというイメージではなく、透けて見える印象。
したがって、「浅薄濁った」という表現は、言葉が醸し出す印象を碌に推敲もせずに、ただ並べ立てただけの底の浅さが透けて見えます。

なお、ひだかたけし氏は、先程私が同氏の「面会(改訂)」という作品にコメントをしたところ、作品ごと削除なさいました。

本作も、削除なさいますか?