今やっている仕事の中で

自分にしか出来ないことに

自分ならではの使命感を持って

取り組んでいく

そこに自ずと

やりがいや

心からの喜びも

生まれてくるだろう
秋草のまじる
小さな花畠

隅にひっそり
夏野菜

熟れたとまとを
食べました

夏が来たよと
蝉の声

役目を終えた
モロッコと

背低の茄子が
並んでる

小さ ....
今まで「アベ」と吐き捨てるように
呼び捨ててののしっていた連中も
今日ばかりは「安倍さん」になり
あらゆる暴力は許せないと嘆く
言葉の暴力の使い手達が
いっせいにその刃をしまい
自分は始め ....
何処にも行き着くことはなく
そっと明かりを灯すように
静かに確かに歩んでいる
過程にのみ意味が開き
繋ぐ意味に花が咲く
そんなひたむきな息継ぎを
ただただ静かに晒している

(目眩くよ ....
平日がやってくる

少し傷ついて
少しなぐさめて
そのうち
何も気付かなく
そのうち
何も感じなく
やがて
何も呪わず
やがて
何も祝わず

平日がやってくる
まだ飛んでいる
すぐにどこかへ
着陸すると思ったが
気まぐれな風にあおられ
思いのほか高く
遠く
街の奥には森があり
森を越えれば海がある
ふらふらと
心もとない放物線
巷で流れる ....
快晴ではあるが、雲のない味気ない空だ。
それでも朝起きれば朝飯を食う。
その後、ホームに並び電車を待つ。
日常というカラクリを楽しみながら、
ちょっと寄ってみただけ、
人生をそう言い放ってみ ....
一歩一歩踏みしめ
登っていく階段の無限
日は照りつけ身体は重く
おまけに心は白昼夢の最中

繰り返される映像がまとわりつく
繰り返される音像が離れない
刻まれる変則的なビート
鳴り響く ....
ひとりで
生きること
絶望が胸板を刺し
聴こえるのは
闇の中の静かなつぶやきごえ
だれ?
どこで
生きてるの?


パソコンに向かう深夜
気づくと
黎明
ひとりを ....
歩いてきた道を憎むな
歩いてゆく道を憎むな




道に物を捨てるな
道に物を落とすな


再び戻って拾える保証など無いのだから


 ....
  しずかな
  朝のけむりはのぼり ちいさな
  とりのようにふるえている 

  春が
  どのようにしてやってくるのか
   気づいたものからさきに


  ふりつづける

 ....
薄日の街道を歩いて行く
太陽は見えない
ずっとずっと歩いて行く
薄日の白んだ街道を

堆積した時がまた一時解き放たれる
鳴り響くサイレンのなかで
哀しく蒼白に
踊る子どもたちは
ガラ ....
知り合いでマルチ商法に騙されて損する奴が続出してる


でもそれが悪いとは思わない


みんなだって、スーパーでまとめて買ったら安いものをコンビニで買って損してる


社会人だって、 ....
権力者に視えないものはなんなのかな
些細な日常の窓から外を見たら良いのかもしれないが
そんな窓さえないのであれば城砦のなかで

国民的不本意を愁う歌でも詠んで自決してくれれば
三島由紀夫ぐら ....
朝、起きる前の布団の足下に 
ダウン症児の息子が入ってきて
妻がぱちりと、写真をとる 

頭上の壁には
ミレーの「晩鐘」
(一日の労働を終えた夫婦の祈り)

窓から朝日をそそがれて
 ....
あおく
すみわたっていく
ひかりのだいち
わたしはとどまる
ここがすみか

季節は巡り
春が来て
土中に蠢く命たち
光を求め
飛翔する

あおく
すみわたっていく
ひかりの ....
思想的骨格なんてないんだ
生活の輪郭は薄葉のように
透けて見えているさ

命の混迷はシナプスの独語にすぎない
教育は幸せの基礎を教えてくれる

ルール。道徳。
大好きな理科。

ち ....
透明にゆらぐ火炎の秋
あなたは雲り空の斎場で
ひとり密やかに焼かれた
紺色の重力を振り解き
垂直に あるいは
灰白の螺旋を描いて
懐かしい星の郷へ昇る
秋のフラグメント達
けれど残され ....
その大きな屋敷にわたしの兄姉はいた
少しだけ血が繋がっていたので
わたしは右手で彼らは左手と思うことにした
左手を使う時彼らを思い出した
出されたデザートの皿は欠けていた

兄はとても器用 ....
白い
大理石のフロアタイルを
敷き詰めたキッチンに

見たことも無い
巨大なサンマの開きが

横たわっている

旬は過ぎているけど
気にしないで

夢だから

頭だけでも軽 ....
メッセンジャーが駆けて来て
身の置き場を探す
冷えきった朝
荘厳な音楽が鳴り響き
いずれ復讐される
そんな予感に浸され
一心不乱にステップを踏む

乾いた打擲音
連打されるスネア
 ....
規格外が次世代の規格をつくる
と起死回生の物語を語られても
腹が減っていては
自分に素直になれない
陽が昇っても 陽が沈んでも
履き慣れないヒールを履いたりするから
まともに歩けなくなったりする
けれど今日はどうしても
この滅多に履かないお気に入りを
履きたかったからしょうがない
予想してはいなかった痛みに引きずらよ ....
   ふかい海底の安定した場所に家を建てると
   いらなくなった身体器官を
   つぎつぎと捨てて
   ついには脳まで棄ててしまう
   生物がいる
   怪物でも
   妖怪でも ....
けしかけられた櫛際を、こそぐ、空と水

神聖なものを犯す、淡雪すら膝を折り
草花を束ねた風鈴と、屈んだままの

よどみなく美しい
佗び錆びを蘇生する
あらゆる獣の夕霧

声に出さずに ....
元旦。白い息。噛み砕く雲。
レコード台の上で回るレコードを
いつか止まるメリーゴーランドのように
うっとりと眺めていた午後に降り積もる
粉雪のダンスを君と見ていた気がする。
詩人さんが仕事するなら公認道化師はどうかな?
使用する言葉の固定枠は何もありませんし、嘘
をいっぱいついてもいいのです。肩もみぐらい
(為政者の)あるかもしれませんがぁ諜報活動あ
ha ....
福島県の郡山市に
「青い窓」という児童詩誌がある
半世紀を超えて続く誌面には
児童の純粋な想いと願いがある
僕らも子どもの頃
青い窓から空を見上げていた

詩は創作の核であり
それに足 ....
時折
君の身体から星が発生した
君はいつもそれを
無造作に僕にくれた
――君は星が好きだから
そう云って微笑っていた

何故身体から星が発生するのか
君自身も知らなかった
――何故だ ....
みみずは、土と野菜をつくる
みみずがいなけりゃ、人類はいなかった
みみずはなんでも食べて
なんでも、楽しむ

夏になっても、僕は干からびないだろう
木葉 揺さんのおすすめリスト(1401)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
仕事は楽しい- ひろのふ自由詩222-7-10
小さな処- 松 けい ...自由詩5*22-7-9
シンゾウ・アベが死んだ日- 紀ノ川つ ...自由詩222-7-8
永遠- ひだかた ...自由詩8*22-7-5
平日- やまうち ...自由詩322-6-9
わたしの飛行機- やまうち ...自由詩222-5-13
寄り道- 空丸自由詩922-3-22
無限階段- ひだかた ...自由詩622-3-21
春を抱きたいんだよ- 秋葉竹自由詩122-3-20
ワンダーフォーゲル- TAT自由詩922-3-19
春のあらし- 丘 光平自由詩1222-3-16
ロシア- ひだかた ...自由詩1022-2-28
_- フッカー ...自由詩222-2-26
あなたへ- マークア ...自由詩922-2-25
冬の朝- 服部 剛自由詩822-2-22
Stay- ひだかた ...自由詩8*22-2-12
シナプスのうた- マークア ...自由詩1222-2-11
挽歌- 壮佑自由詩9*22-2-10
軋む- ふるる自由詩922-2-8
生臭い初夢- まいこプ ...自由詩422-1-2
メッセンジャーの朝- ひだかた ...自由詩622-1-2
入り組んだ路地- 空丸自由詩1022-1-2
フェイヴァリット- 坂本瞳子自由詩4*22-1-2
天地崩壊- 山中さん ...自由詩12*22-1-2
- arai自由詩122-1-1
メリーゴーランド- はにかみ ...自由詩322-1-1
Are_you_willing_to_assist_on_a ...- 足立らど ...自由詩5+*22-1-1
青い窓から見えた雲- イオン自由詩4*22-1-1
星_座- 塔野夏子自由詩16*22-1-1
みみず- 服部 剛自由詩321-12-30

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47