205X年
人口爆発に伴う
食料難への
対応として
遺伝子操作により
男性からも
乳が出る技術が
マサチューセッツ工科大学
デブ人間工学研究所で
開発された
選ばれたデブ3人と
 ....
レジで働く
バイトのおねえちゃんに
あなたも100円ですかと聞くと
私を安く見ないで!って
怒られたので
100円ならどこまでですか?
と聞き直したら
意外とかなりの線まで
出来ること ....
数ミクロンの
クリアランスを維持して
唇他、口腔内の
あらゆるパーツは
決して触れることがない
しかし
はた目には
やっているように見える

確かに凄い技術ではある
天才的だ
だ ....
 .... [妖怪(尻)べった]
  肥大臀部を横向きにした姿の妖怪。
  戸建の階段のカーブや集合住宅の脱衣所などに潜んでいる。
  これを見ると妻に萎えてしまうようになる。

[妖怪ココゾ]
   ....
春の風は遠くから来ます
夏の風は遠くへ行きます
あこがれ、とは違う
何処か知らない所へと
私を誘います

秋の風は通り抜けます
冬の風は通り過ぎます
喪失を知らしめ
懐かしい者どもと ....
結婚前
付き合い出した頃の
写真を見ながら
今のあなたは
呪いをかけられている
と妻が言い出した
何の呪い?と聞くと
豚の呪いと答えた

私がその呪いを
解いてあげる

口づけ ....
わたしの中にだれもいないとき
夜明け前の静かな海でクラゲたちが浮動している
母からもらったCDに
つるのひとこえを聞いた朝
もっと寒くなれよ冬
体を貫く冷たさで
焦がれてゆくばかりの心を
殺してはくれないか

もっと寒くなれよ冬
町を駆け抜ける風の
ありのままの勢いで
一緒に海へゆこう

春がくる前に
 ....
ゾウのすむ森
という名の運動場
いちばん小さいウタイは
頭を振っている
振り子みたいに夕暮れ時
歩いてやり過ごす二頭をよそに
空中に鼻をしならせ
耳朶で風を鳴らすよう
右に左に頭を振り ....
高い高い塔の上
いにしえの鎖の枷のその先に
脱ぎ捨ての襤褸と見まごう
汚物まみれの女の転がる
まだ生きおるぞ
ひび割れの口ぱくぱくと
慟哭、悪罵も枯れ果てて
面影に爛れの眼から涙を流し
 ....
娘は
今日も一日家にいた
年を取るのは嫌だ嫌だと言いながら
母親は水ぶくれの手で
何種類ものクリームを塗ったくっている
客の食べ残しを載せた皿を今日も洗う為
にせ鰐皮のバッグは椅子の上
 ....
体臭は毛布のようだ
男臭い布団はそれだけで暖かい
男にとっては逆だろう
遠い子宮の記憶を辿り
疲れた胎児は体を丸めて
全てを忘れて眠るのだろうか
女の体の匂いの中で

私には子宮より
 ....
 目には目を
 歯には歯を
タカ派のネタニヤフを選んだ時から
この基本方針の底上げは決まっていたことだ
 目ん玉1ケにつき10ケが100ケに
 歯1本につき建物1棟が1街区ごと吹っ飛ばすに
 ....
冬の季語は陽だまりの猫
私は三匹の寝子の母親だから
人間だけどまどろんでしまおう
北風の中を歩いたところで
ろくな事はないよ
みっともないほど着膨れしてても
身ぐるみ剥がれた樹分でみじめだ ....
             121112



輪切りにされた風景
などくとどくがが
買ったばかりの風景に溶け込んでは
ふうすけと鳴る
ふうさくになり損ねる
ふりんとうのう ....
冬の雪夜を仕舞っている
夏の波濤を想っている

儚い薄い殻の外
ひとむれの皐月の襤褸
うぐいす色の花粉を肢に
マルハナバチ
咲き残りの蜜を尋ねて回る
それも昨日のピリカの国へ
曇天の ....
ビルごとの風鳴りを聞きながら
青い空に思う
ラーメンが食べたい

スープも麺も具も
全て透明なラーメン
もちろんラーメンと名がつくからには
美味しくなければいけない

ありんこリリー ....
雨にぬれたのがよいとかいうので
幼生のわたしは
こころみにしずしずしとしと歩いてみます
あ、あの日
膝の上がかっかして
上気したほおが
染め抜いたゆうぐれの
タップダンスの足が
 ....
{ルビ若布=わかめ}の{ルビ疎=まば}らに干し上がる 
六月の浜辺を振り返れば 
今迄歩いて来た僕の 
たどたどしい足跡が 
霞がかった岬の方まで 
延々と続いていた 

あの岬の幻は  ....
 
 
○父

窓から庭のブランコを
眺めることが多くなった
あれにはもう一生分乗った
と言って
時々体を揺らす
背中が
押されるところではなく
支えられるところとなってから久し ....
ほとんどのことは
なんてことないんだよって
どうにかなってくんだって
教わったのは
病院の、ロビーで泣きじゃくるわたしに。
無言で母はわたしが立ち上がるのを待ってくれたね
何時間も
 ....
僕たちは行進する
雨と雨と雨の合間を
かなしみの残る青空に
バシュポン
圧縮した空気は開放され
白い弾丸は
砲の初速を逃れた彼方で
小さな羽を広げる

あの
遥か積乱雲と日輪草の
 ....
暑さにうなだれている名も知らない花は
剥がれかけたマニキュアと同じ色をしていた

使われているひとつひとつの配色が
くっきりとしたものばかりなのは何故だろう
まぜこぜしないのがこの季節で
 ....
世界は円で完結する




民族も
思想も
姿かたちも




些細な異差の
凝縮された拡大




あなたのどこかが
もしも欠けてしまったとしたら


誰かと
手をつなぐとよいのです



 ....
番田 さんのおすすめリスト(26)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
父乳- 花形新次自由詩313-7-1
ダイソー- 花形新次自由詩513-7-1
シャドウフェラ- 花形新次自由詩113-6-29
カブトムシとクワガタ- TAT自由詩613-6-16
妖怪辞典(抄)- salco自由詩14*13-5-22
便り- salco自由詩30*13-5-16
俺はディズニーじゃない- 花形新次自由詩513-4-27
だれもいないとき- 北極星自由詩6*13-3-1
しゃべるギター- 北極星自由詩2*13-2-23
もっと寒くなれよ冬- 四角い丸自由詩5*12-12-27
振り子- salco自由詩11*12-12-26
徒刑- salco自由詩4*12-12-24
ウェイトレスの娘- salco自由詩12*12-12-16
- salco自由詩12*12-12-10
遺産- salco自由詩3*12-12-6
北風- salco自由詩5*12-11-27
ふうすけ- あおば自由詩6*12-11-12
六月の卵- salco自由詩12*12-6-17
短冊と落とし文月/透明なラーメン- 海里自由詩209-7-3
タッピング・ラップトップ・ブラトップ- mizu K自由詩909-7-3
明日の海_- 服部 剛自由詩909-7-3
家族- たもつ自由詩4909-7-3
グローイングモーニング- 唐草フウ自由詩8*09-7-3
鳩砲- 佐野権太自由詩27*09-7-2
ある日の夏、水の爆発- あ。自由詩19*09-6-28
セピア色の未来- オリーヴ携帯写真+ ...2209-6-28

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。