人災テポドン
   {引用=   東京ムービー企画部 作詞
   平壌ダービー企画部 補作詞
   渡辺岳夫 作曲}
父から昇った正日が
草場へ沈む(あっ たいへん)
これでいいのだ こ ....
まるちん・るったー
ヴィッテンベルクで思索の散策中
村の娘をやっちゃった
長いおくれ毛、まあるいお尻
めくれ上がった唇が
まるちん・るったー 
そそったと

まるちん・るったー
女子 ....
 成分非表示


1本のソーセージを自我とする

貫く串はリビドー又は時間軸だろう

小麦粉と溶き卵、それに砂糖
このブ厚い衣が自尊心

適温の食用油で適宜に揚げる
これは処世術 ....
そんなんじゃまだ俺は倒れなかった
そんな言葉じゃまだ俺は壊れなかった でも実はわりかしギリギリだった
見上げる空はビキビキ鳴ってた 今にも割れて降ってきそうだった でもそんなことなかった

自 ....
この顔はデンマークとか何とか
そんな緯度の産
しかもダ・ヴィンチの
妖艶ヨハネが指差す方角からの下賜品
ってところ
そして色素の少ない
血色もないこの乾いた肌は
ケルトの俗謡、ドルイドの ....
短針はいけない物でしょう? 
あの人に消失の堆積を告げ口するのだもの
毟り取りました
長針だけがぐるぐる回る愛らしさ
それは日を終わらす害意がない、
健気な女の恋ごころ
窓も扉も塞ぎました ....
例えば
渋谷のセンター街でうんこ座りしている若者を
通行の妨げになるからと追い立てるのは仕方ない
がしかしモラルを問うのは的外れである
何故なら
アルツハイマーのじじいなどは衆人環視で「本物 ....
{引用=Tanning red}
雲ひと筋ない昼下がり
日差しがもう頬を刺す
樹々は一段と深くなり
更地の砂埃の向こう
間延びたロングショットを打ち合う
2面だけのクレイコートの4人は肌が ....
         作詞 花 水子
         作曲 奥座敷まこと
         歌  キャシー芭菜々田
 赤ちゃん列車


あゝ、カンテラもなく黎明の
生ぐさ暗きトンネルを
 ....
 齟齬の由来

影はいつも
動く舗道の上
坂もスルスル
ずるいね
こっちは歩いているのに
考える人はこっちなのに
のっぺらぼうの頭の方が
よっぽど考え深げ
憂わしげだ
「そうね。 ....
私がクリームを塗るあいだ
兄たちは指さして嘲笑っている

私がクリームを塗るあいだ
妹たちは人形を投げ合って騒いでいた

私がクリームを塗るあいだ
彼氏たちはクイーンのベッドでTVを観て ....
モナコ辺りのシンデレラ
リモで手を振るみんなのディーヴァ
バーゲン漁りをせずに済む
女が幸運なのかは知らない
尻の軽い女だって?
ここには沢山いるからねぇ
パリスヒルトンのバカづらも
ノ ....
 デイリーテレグラフ

空の下
ナマズは沼の生活に不満をかこつ
淀水に護られる生態をかえりみず
ナマズは


 デイリーミラー

窓そとを眺めては焦がれ騒ぐ
ミラー部屋で暮らすM ....
わたくしが
ブロッコリーの作付面積比、堂々の全国第三位
この{ルビ片岩志=かたいわし}村の長となった暁には
まず、村名をブロッコ里ー村に変え
村民の皆さんにはブロッコリーの里の住民
ブロッコ ....
オレは傷つきやすいヒトだから
オマエの言う事なんかに耳は貸さない
アスファルトの無限の連なりに出過ぎた
赤いコートの物乞いの過ぎ去る一瞬に
一瞥を投げるのみ
カーラジオの蝿・蚊の軽い唸りや
 ....
丑二ツ
闇底の寝屋
戸板の合わせ目の
線なす月影に蒼く透け
枕辺にうずくまるおんな
痩せさらばえ
ざんばらと髷ほどけ
何処から入り来たやら
長い鉤爪震わせて
寝入る頭骨に額つけ
中 ....
 ばあさん

 俺の両眼が
 そして股間のナイフが
 ずっとポイントしてたのは
 あんただったんだぜ

 気づいてたかい

 天真爛漫
 って言や聞こえはいいが
 あんな馬鹿娘
 ....
近頃だせーダッフルコートを
ファミレスで脱いだ娘は今どき見上げたショートボブ
カラーリングもメイクも知らない
つぶらな瞳を見開いたまま
発育を15で停めた18歳のレジスタンスは北風の中
孤立 ....
 ハム派樽子の濃い占い


あなたの髪に触れたいの
愛され女の特権で
スキ、スキ / キス、キス

あなたの睫毛を見つめてみたい
わたしをどうか見つめて欲しい
スキ、キライ / スキ ....
閏月に生まれた{ルビ閏土=ルントウ}は五行の土が缺けてゐたといふが 其でも歳は「數へ」で重ねた筈なので毎年元日には萬人橫竝の平等に浴して笑顏で歳を取る事が出來たのであらう
然るに 世は新暦となつて久 ....
やがて再び北風の中
道端のネコヤナギの蕾のように
やさしい春の指先が頬を撫でようと
いつか一つの曲がり角の先
私を包み、光へ導くような
誰もが期待する運命が待っていようと
もうこれ以上一つ ....
虎落笛を振返る

鵯が鶫に紛ふ明方
常夜の闇に潜る頃

目を{ルビ瞑=ねむ}り
目を開き

虎落笛を振返る

{ルビ四方=よも}が白け
{ルビ遠近=をちこち}
地面に貼付く煙火 ....
“ストライク ザ ポーズ”とマイゼルの写真で
世界を席巻したイメージの達人マドンナが
諧謔のモンスター、レディ・ガガを表敬したように
自らの薫陶を受けて来た
よりエッジーな新女王と交代する時、 ....
目を瞑っても嫌な事はそこに在る
目を瞑っても轟音からは逃れられぬように
耳を塞いでも恐ろしい事は起こっている
耳を塞いでも嗅覚は異臭をとらえるように
鼻をつまんでも根本事由はごまかせない
鼻 ....
産婦人科の待合室には
アヒルみたいにヨタヨタ歩く満腹の妊婦達の他にも
スーツなんか着こなして
生真面目に思いつめた石女達が列を成している
コウノトリを生け捕りし
キャベツに頭を突っ込んで
 ....
{引用=ああ
それはあなたを思い過ぎて変わり果てた私の姿
月光も凍てつく森で
樹液すするあたしは虫の女
         
           〜 パンク蛹化の女  戸川純}


  ....
彼のことを一言で評するなら、一般には「日本史上最強のセン馬」だろう。異論はない。
気性難を解消するための去勢は、種牡馬への道を閉ざされるため勇気がいるが、彼の場合は成功した。
が、筆者は彼のこ ....
色派にへとへと尻垂れお婆

老年病み易く岳父逝き難し
中年売り難く整理され易し

死んだならリバティー

オバサンいいツラの皮
オジサン千金のみ値

友あり遠方より「来る選挙は公明 ....
やじるしが返つてきません
と云ふのである

書見をしてゐる背中に凭れ
彼是と話掛けて來るのだが
默つて文字を追つてゐると

やじるしが返つてきません

と膨れるのである

さうは ....
夜が明けきらず貼附いてゐる
地面に纏綿する薄闇

乾いた{ルビ落葉=らくえふ}がしらしら浮かび
其螢光を辿れば
{ルビ蹠=あしうら}に幽けき噪音
一足毎に
割れ毀たれる有象無象

滅 ....
花形新次さんのおすすめリスト(226)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
替へうた- salco自由詩5*12-7-20
検証_淫らはマグダラか馬鹿野郎- salco自由詩7*12-6-30
腸詰めをものする- salco自由詩11*12-6-24
世界のハゲとクズのための歌- いつも神 ...自由詩412-6-19
女神の肖像- salco自由詩8*12-6-13
マルガレーテ_ニヒトステュレン(Nichtstür ...- salco自由詩12*12-5-29
うんこ座り考- salco自由詩8*12-5-24
タニング_レッド- salco自由詩5*12-5-23
演歌のニーズを探る_2- salco自由詩12*12-5-15
かげぼふしのありくくに- salco自由詩14*12-5-13
クリーム- salco自由詩20*12-5-10
ダウンタウンBoogie-woogie- salco自由詩6*12-4-30
デイリー××- salco自由詩8*12-4-25
次期村長選マニフェスト- salco自由詩12*12-4-23
運転- salco自由詩7*12-4-14
憑依- salco自由詩11*12-4-10
ペーター- 藪木二郎自由詩2*12-4-9
炭水化物の夜- salco自由詩10*12-3-23
卦(け)- salco自由詩9*12-3-5
干出礁には雪が積もつてゐる- 孤蓬自由詩5+12-2-29
無理なお願い- salco自由詩15*12-2-26
吐瀉——觸穢或いは天佑- 孤蓬自由詩4+12-2-26
ポップ_オン_ザ_ワールド- salco自由詩5*12-2-13
- salco自由詩21*12-2-4
永久凍土のバーゲンセール- salco自由詩7*12-2-1
虫の女- salco自由詩10*12-1-22
「名」馬列伝(23)_レガシーワールド- 角田寿星散文(批評 ...3*12-1-22
遠目の我が家- salco自由詩5*11-12-31
やじるし- 孤蓬自由詩15+11-12-28
寒柝或いは寒念佛- 孤蓬自由詩2+11-12-4

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「替へうた」から「寒柝或いは寒念佛」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。