整髪料
イヤホン
マスク
メガネ
立ち姿
スクロールする指
2人以上なら関係

近くにいると猛烈な勢いで飛び込んでくる
繁華街の広告看板くらい鬱陶しい
テレビのように消せない
情 ....
{引用=小乗奈落下り}
薄皮一枚
力ずくの力が萎えた両腕で
無垢な羽ばたきを模索する

庭園の苦行者は薄幸の煌めき
傷口は各々レトリックを備え
投げやりな否定で自らを慈しんだ

最初 ....
地下室への階段を降りてゆくと
探していた言葉があった
それは難しい言葉なんかではなくて
なんてことはない言葉だった
くだらないなぞなぞの答えのような
拍子抜けするようなやつ
でも 昔は仲良 ....
君がこの地獄から抜け出るには
あの番犬の目を欺かねばならない
番犬ケルベロスには三つの首があり
どれに噛まれてもおしまいだ
君は地獄の一員となり
周囲に恐怖を撒き散らす

一つ目の首は
 ....
どこかの駅で誰かとすれ違うためだけに生まれてきた
やあ、と言葉を交わし合うこともなく
親密な他人と認め合うような
静かな笑みを交わし合うこともなく
その目に
特有の孤独を共有することもな ....
今夜は雨もしとしと降っていて
もうずいぶん遅いから
誰も訪ねてはこないだろう
だから玄関に鍵をかけて
雨や風が外の空気を伝えてこないように
窓もしっかりと閉めて
ひとりで
瞑想するように ....
{引用=朝は容赦しない}
朝は砕け散ったガラス
遺言すら打ち明ける{ルビ暇=いとま}もなく
連行される
整列した諦念の倒れ伏した影が
みな時を等しく示す頃
目を閉じて 夜を
再び{ルビ紐 ....
おかしな時間に目が覚めて
それからずっと眠れない
閉じ込められた寝床で
脱出計画を練っている
きちがいは耳を澄まし
こそこそと覗いている
晴れるという話だが
夜明けまではなにもわからない ....
元日に歌番組見て笑った男が
2月発症して傷害で拘束
3月には物言わぬ骸に
嬉しげに報じる記者と
嘲り溜飲を下げる視聴者らが
彼に支払う対価は幾らだ


2月節分の豆を撒き
3月雛祭り ....
 
みかんの皮を剥く
皮が出てくる
剥いたはずなのに
と思って皮を剥く
皮が出てくる
ええっと、何だろう
と思って皮をむく
皮が出てくる
落ち着け、今までのは気のせいで皮など剥いてい ....
9さいの無垢な涙の一滴は
遠い空から
地上の友の頬に、おちる

9さいの君を想う友の涙の一滴は
遠い空へ
やがて 吸いこまれてゆく



 * 今夜行われた
   詩人のともちゃ ....
青みがかった空を背景に
農夫が篭から肥料をまく
大気はまだまだ熱気を孕み
夏の真上で微かに微かに秋が舞う

けれど、

青みがかった空を背景に
農夫が篭から肥料をまく
彼も篭も青に染 ....
夏の花巻
駅を降りたち
しばらく歩くと
緑の草地の中に
北上川はあった

イギリス海岸に
たどり着いて
小高いところにある
一つのベンチに腰掛けたとき
思うこと考えることの相違が
 ....
午後を通り過ぎた影、踏みしだかれた詩文、血溜りのなかの指先、白紙のままの便箋、風が息継ぎをするときに聞こえる嗚咽は誰のものだったのか、忘れたことにした記憶が膿んだ傷のようにじくじくと抉り続ける理由 .... 夕陽を抱いた木々の裸は細く炭化して
鳥籠の心臓を想わせるゆっくりと
いくつもの白い死を積み冬は誰を眠らせたのか
追って追われる季節の加速する瞬きの中
ゆっくりと確かになって往く単純なカラクリに ....
雨のふらない冬の明るさ
夜がだんだん
コフコフ
透明になってゆきます
僕は帰らぬ人を待ち
のどかに暮らしてる
あらゆる夜の灯りの数を
数えて暇をつぶしていると
おおい
仕事だぞ
 ....
 
コーヒーを(また、コーヒーだ
飲んで落ちつこうとする。
去るものは去った、
小さなものは大きくなった、
その「さびしみ」に
並走するように

へ帰ってきた
だからコーヒーを
 ....
切り落とした無数の黒髪が
浴室の床に散らばっている

鼓膜の真横から聞こえてくる
二つの刃物が擦れ合う音

例えるならば泡
閉ざされた水槽の底から
少しずつ浮かび上がってくる
泡 泡 ....
このがらーんとした
人っこ一人ない
田畑の
さびしさは何だろう

家の無い人のように
風呂敷包みを手に、ぶら下げ
虚ろな目は
まっさらな青空を視る

遥か遠い黒点の
翼を広げ、浮 ....
真夜中にウイルス・スキャンを実行して
モニターを見ながら怯えている
ブロックされた危険な接続の中に
今日も同じ顔を見つけた

この顔はファミレスでおなじみの
おばちゃんたちの自慢話と劣等感 ....
誰もいない小川に
僕が 釣り糸を垂らしていたのはいつだろう 小川に
冬のある日 釣り糸を
しかし冬の日に小学生だった 僕は一人だった 


だけど 今でも僕は川に釣り糸を垂らしてはいる ....
ゲロッパ ゲロだなあ
ゲロッパ ゲロだなあ
捨て身のお座敷
だがせっかくだし
ゲロッパ ゲロだなあ
ゲロッパ ゲロだなあ
捨て身のお座敷
だがせっかくだし

ううワタミで
酒をあお ....
雪は拭い去らない
覆い隠すだけ
日ごとに捲る
白紙のページ

忘却は灰ではなく
深みに沈むこと
どこか届かない
タイムカプセル

書き変えても
消去しても
記録を改ざんしても
 ....
おまえではない
おまえではない
絵の具を燃やす手
土に火の絵を描きつづける手


隠れていた猫も虫も去り
原はどこまでも静かになる
鳥も鳥を話さなくなり
常緑樹のなか ....
きょうもたくさん、頭を下げました
ありがとうございます、あ、すいません、すいません

「雇用期間の定めあり、平成30年3月31日まで」
条件により更新あり
条件により・・・
ねえ、あなた、 ....
雪を被ってすっかり閉ざされた
 枝の間 
小鳥は空を 
  ひと跳ね 
 ふた跳ね
すっ と吸われるように消える
とりあえず
生あるものは辺りから姿を消した訳だ
空を埋め尽くしていたあ ....
労働というものは
自然界のように複雑で
神秘に満ちている
今日俺は法務省人権相談窓口に行って
パワハラの件など相談してきた
ところが法務省というものも
労働と等しく複雑で
不可思 ....
水面から突き出し露わにされた
見えざる岩の 固く 鋭い突端
流れを切り裂いて
空間を満たしとどまることのない
               行進を
                ただ白く  ....
私は連休中に友人とすれ違ってしまった
今年は私は一人で休みを過ごさせられた
そして 近くの川に 私は出向いた
私はぼんやりと私の思うように釣り糸をそこで 垂らしていた


しかし垂らし ....
好いて好かれて好かれて好いて
恋焦がれしも添えるか添えぬは
ひとには分からぬ浮世の定め

永久なる硬き契りを交わしても
いつかは千切れしこの世の定め

惚れて惚れられ来世も共にの
誓い ....
北村 守通さんのおすすめリスト(987)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
ディスタンス(通勤電車にて)- 猫道自由詩4*20-9-27
熟れた悪意の日々- ただのみ ...自由詩2*20-9-26
詩のリハビリ- 滝本政博自由詩7*20-7-30
ケルベロス- 紀ノ川つ ...自由詩120-4-26
どこかの駅で誰かとすれ違うためだけに生まれてきた- ホロウ・ ...自由詩3*20-4-14
訪問- 岡部淳太 ...自由詩1220-4-12
壊疽した旅行者_三- ただのみ ...自由詩3*20-4-5
白紙のページを信じる- ホロウ・ ...自由詩5*20-4-2
Exchange- 大村 浩 ...自由詩720-3-25
みかんの皮を剥く- たもつ自由詩620-1-9
世界の果てへ- 服部 剛自由詩619-11-2
農夫と秋- ひだかた ...自由詩519-9-15
北上川- Giovanni自由詩13*19-2-12
ただ赤く塗り潰して- ホロウ・ ...自由詩5*19-1-1
見えない幻- ただのみ ...自由詩17*18-12-31
帰り道- 田中恭平自由詩618-12-9
帰宅- 田中恭平自由詩418-11-28
シオマネキ- 1486 106自由詩718-10-18
対話- 服部 剛自由詩218-8-16
ウイルス・スキャン- 為平 澪自由詩118-7-16
釣り、夕暮れ- 番田 自由詩1018-4-30
捨て身のお座敷- 紀ノ川つ ...自由詩117-11-26
日々すこやか- ただのみ ...自由詩9*17-11-25
筆と響き- 木立 悟自由詩617-11-23
11月の終わり、宮下公園で- 梅乃花世自由詩517-11-23
- ただのみ ...自由詩8*17-11-23
冬が迫りくる日に- 葉leaf自由詩317-11-16
流時紋- ただのみ ...自由詩18*17-11-4
GWの多摩川で- 番田 自由詩117-5-7
平成_曾根崎心中- HAL自由詩2+*17-2-16

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ディスタンス(通勤電車にて)」から「平成_曾根崎心中」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。