土曜日の午後はいつも満室
会うのは今日で最後
ベッドに並んで
チャットアプリを削除する
さようなら。元気でね

父の命日
墓石の花立に梅の枝を挿す
ねえ、元気にしてる?
遅くなっ ....
今年も父は
庭木と柵を電飾で繋いで
「おい、点灯式をするから見ててくれ」と言う

仏壇前の灯籠を片付けてミニツリーに替え
母の好きなシュゼットでケーキを予約して
シャネルのバッグを押し ....
ずいぶん失ったんです
だから花になったんです
花に歳は尋ねないでしょう
ねえ大統領
自分の不安を解消するために
言葉を使う私がいます

ねえ大統領
雨の日に困っていたら
そっと隣にいてくれましたね

ねえ大統領
私はあなたの
国民じゃないけれど

 ....
小さい姉妹が
くるくる回っている

一人が回ると
もう一人も回り出した

くるくるくるくる
あなたたちのみているもの
光りは私のそれとは違うの?

問えないまま
そこにはまばゆい ....
波打ち際は
まるで境界線のように横たわる

砂浜に描かれる風紋も
うねりを繰り返す波も
その姿をとどめることはない

刹那、
わたしはわたしを見るように
視界いっぱいに広がる世界を見 ....
きみが微笑う
白いテーブル。丸いアイスティ

なにも
言えずに

どうでもいいことを話す

ずっと会いたかった
かたちのない宝石を
手のひらで転がす九月の午後
孔雀たちはまどろんでいる
淡く実る葡萄の夢を見ながら
どうしようもないことばかり口にしてしまう
虫の声さえ聞こえない熱帯夜
最終電車もとっくに過ぎていってしまったのに
私は今夜も寝付けずに
見えない星を探しながら考えてしまう
私はこの世に生まれ ....
安っぽいパフェのような
ありふれたクリームの
ことばなら
いらない

たとえば
リンゴ

歯ごたえと
その甘さ
いずれをも味わえる
絶妙のスライスを

私は
常に意識する
 ....
これって本物なの?

私の問いかけに彼は口元を僅かに歪ませながら首を振った

遊びに来ないかとでも誘われたのだろうか
今となっては定かではないのだけど

大手町あたりで待ち合わせ丸の内線 ....
クルクルと回る 洗濯機の中で
思考回路も 絶え間なく 廻る

綺麗な衣類を
唯だ 座って 待ちわびる時

何だか サボリーマンに
成り下がった 気もする

埃を 付着させたのは 私な ....
 愛なんです。
 僕にとっての愛、それは外柳っていうんです。その外柳っていう苗字は確かなんですけど、下の名前は知りません。ただ僕としては、外柳の下に続く名前が理奈だったらいいなと思うんです。外柳理奈 ....
この暗い地下室

光はねじれて届かない

でもここに居るしかないんだ

外ではねじれた人々が戦争しているから
私と彼を結ぶ糸


近くに居るときは
何も感じなかった


今の私と彼の距離は
何キロメートルだろう


地図で見れば
人差し指ぐらいの距離


表記されている数字を ....
陽だまりの光をあつめて
手のひらですくうようにしたら
伝わってくる温もりが
静かにあふれていた

あなたはいつも
そんな仕草を当たり前のように
僕に見せてくれる
見えないものを見えるよ ....
バイトの面接にいった。それだけで脳から鉄の匂いと鉄の味がするくらい疲れた。実際今もさびついた鉄の歯車が俺の脳内をギシギシいいながら回っている。そういえば俺は今生きてるだけで疲れているのだった。みんな軽 .... 僕の死は 陽の目を浴びることなく
おけらみたいに生きていた
すう、と風にアシをもがれたら
青くなって空になった


僕はみじめなおけら
金色の羽根
天使のラッパ
幕が下りた


 ....
細い指を絡めて
愛を囁いた
湖畔に佇む
雨に濡れた木々には
震える小鳥が鳴いている

遠くまで流れていく雲
君は花畑の中で
太陽の匂いのするそよ風が
帽子を飛ばせば
愛が笑う
ク ....
息が しづらい
シンゾウ が 這いあがる (さみし い)

すって はいて
はいて すって

しびれる 手のひらで
のどをつかむ (ど きどき) 脈うつひふ

す ....
つんとする
すねているわけでもなく

つんとする
鼻の奥じゃなくて胸の奥

つんとする
潮風を吸い込んだときに似ている

つんとする
悲しいことが積もったときに似ている

つん ....
 ぼくはまだいちご泥棒と眠りたい置き忘れたものばかりの園で


 衝動を積み上げていく指先に梶井のレモンわたしのオレンジ


 気だるさはインクに滲み水底の青い散文髪に絡まる
 ....
道の歪みのそこここに
溜まって出来る水たまり
昔の雨にはつきもので
道行く人の迷惑で

車が通れば泥をはね
人が踏めば靴汚し
道の歪みの性格を
そのまま見せる水たまり

そのうち道 ....
線路のうえに寝かされた妊婦をみているよう
女は都合のいい神様をすぐ孕む
狂ってるってわらう?

きみをこの浴槽で飼えたらな

愛のはらわたが薄くひらいた唇からのぞいてる
とてもきれい
 ....
{引用=
紙上に佇む
痩せ細った枯れ木
磨り減ったペン先がつけた
掻き傷の隙間に
深く根を張るインクの滲み
どこに行くとも
なにを残すとも
示さぬままに
埋まってしまった行の終わりの ....
海の向こうから来た手紙
躊躇わない見慣れた文字が、
心に触れるのです
確かに
生きる意味があるように
昔を思い出す、力が湧いてくるような

元気でいらっしゃるのですね
少し怒りっぽい
 ....
あなたの瞳にうつるものが
どんなにあなたを悲しくしているか
どれほど考えてもわかりません

あなたの背中がいったいなにを
どれだけ背負ってそんなにも
淋しく見えるのかわかりません

け ....
ガーベラ
モッコク
ミモザ
ナデシコ

ツユクサ
ゼラニウム
アジサイ
コデマリ

パンジー
シラン
ユキノシタ
キバナコスモス
テキストを開き、矛盾の故事について学ぶ    

塾生→ お金をつくってくれるのが資産、お金を奪うものが負債ですよね。ぼくたちは資産を増やし、お金儲けをするために勉強しなければならないのでしょうか ....
ローテイトする空気
ツンとした金属
それが君

つい触れてしまいたくなる
そびえる金属の塔
不可思議
早巻きでみる植物のように
私は蔓を伸ばし試みる
君への動脈
ツンとした金属
 ....
ロリータ℃。さんのおすすめリスト(155)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
rainbow_covenant- mizunomadoka自由詩521-2-28
snow- mizunomadoka自由詩5*17-12-16
それが私の生き方だから- もっぷ自由詩515-7-1
intermediate- mizunomadoka自由詩111-4-27
影遊び- 朧月自由詩211-2-4
「帰る場所を知らない」- ベンジャ ...自由詩4*11-1-26
wall_of_dreams- mizunomadoka自由詩111-1-18
中_庭- 塔野夏子自由詩17*10-9-29
バースディソング- 涙(ルイ ...自由詩710-9-17
フルーツバスケット- umineko自由詩4*10-9-7
四谷見附のひと- 恋月 ぴ ...自由詩21+*10-8-16
- 藤鈴呼自由詩6*10-7-28
青い二等辺三角形- 光井 新散文(批評 ...210-7-8
ねじれ- うずら豆自由詩110-7-4
- くゆら自由詩210-7-4
手のひらの中の午後- ベンジャ ...自由詩8*10-7-3
歯車- 佐藤伊織自由詩310-7-3
おけらの詩- ドクター ...自由詩110-7-3
愛が笑う- ミツバチ自由詩10*10-7-3
こ_き_ゅ_う- なき自由詩3*10-6-30
つんとする- ベンジャ ...自由詩4*10-6-18
翠雨- 夏嶋 真 ...短歌28+*10-6-15
水たまり2- ……とあ ...自由詩14*10-6-15
分娩室のジェリーフィッシュ- わだち彩 ...自由詩310-6-15
6月の海- 高梁サト ...自由詩22*10-6-14
手紙- 月乃助自由詩21*10-6-12
「湿度」- ベンジャ ...自由詩17*10-6-11
- ペポパン ...自由詩6*10-6-10
塾生- 《81》 ...自由詩6*10-6-10
ツンとながす君- 雨久世自由詩8+*10-6-9

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「rainbow_covenant」から「ツンとながす君」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。