誰よりも

遠くへ飛べる気がしてた

ぶらんこ漕げば空に近い頃









かなしさと

やさしさはどこか

似ています

悲しいひと ....
赤塚不二夫のコンプレックスとか

高井研一郎の画風とか

ファルス
コント
喜劇

がきデカ
山上たつひこ



鴨川つばめ
マカロニほうれん荘

 ....
スナフキンよ。
かつて、君の姿を見た時。
僕は君へ、羨望の情のみが沸き、
君の姿を、いつも・・・追っていた。

スナフキンよ。
いま、君の姿を見る時。
僕は、個人主義とは何かをぼんやりと ....
だいぶ昔の話
家族みんなが待ちに待った鍋の時間だった
なんとなく付けたテレビの報道番組で
ボスニア紛争下での性的暴動に関する特集がたまたまやっていた

インタビューに答える女性のただならぬ眼 ....
今どき人の飲食代に
自腹を切るなんて
見上げたものだと思う
なんか貧乏臭い
労働組合政党が
文句言ってるようだが
こういう奴らは
人呼んでおいて
お茶だけ出して
カンパを募ったり平気 ....
タバコに火をつけて
ふと思う
傍らに君がいれば
どんなにいいだろうと
イザベラは日本には来ない
仕事が素晴らしいそうだ
そのことを
精神の片一方で喜びながら
精神の片一方でどこか寂しい ....
とんでもない
好きでもない
嫌いでもない

一緒にいたい
わけでもない
もう別れたい
わけでもない

なんでもない
が積み重なり
どうでもない
ことで争って
一人でもない
 ....
11月が特に美しいのは
ススキだ
ススキが
稲穂のように
黄金のように
風に頭を垂れていて
それが特に美しく
趣がある
殊に朝陽や夕陽に透かされて
ススキがさらさらと泣いて ....
穂のゆれる
夕方まえ
ゆれてるね といい、
すわったまま
夜をむかえる

つめたい月をちぎっては
たべ、
いくつかの
物語で暖をとり
ちらばった行間をたばねて
舟を編んだ ....
ひさしぶりに
ぶたまんたべました
白い皮に
黄色いねりからしぬりました
ふと小さいころが
再現されたようです
一口するほどに
ほどほどに
時が過ぎていって
くれればいいのに
幸 ....
つまらないから涙を流している

草笛を吹いては故郷を思う

通い慣れた道を歩いては
いにしえを回顧する

すでに
涙も夢も涸れはて

夜道の先に小さく光るのは
絶望なのか希望なの ....
一寸先は闇というのは幸いで
闇とわかっているのなら
明かりを持っていける

ところが待っているのは
真昼のコンビニの如く
一切の暗がりを許さない
明るい世界かもしれず
カバンに何を持っ ....
表面を撫でるだけの言葉では
伝わらないと思うから
激しい言葉使いも
厭わなかったが
もういい加減枯れるべきだと
いう気がして
どうせ伝わらないなら
何も言わない方を選ぶことにする

 ....
どこで聴いたかも
分からない
名前も知らない歌が
繰り返し
頭の中に響く

「あの頃は良かったね
あの頃は良かったね」

女の声が唄う
でも実際はそうじゃない
私の都合のいいよう ....
終わったテレビが砂嵐になっても

続いている物語

今日ごはんを噛みました

敗北者の味がしました

必要なのは

それでいいと言ってくれるひと

それとも

それ ....
そんなに無理に大人にならなくていいと

言われた子供は 

少し戸惑った後に むすっとしていた


背伸びして見てた景色は 都合の良い子供

知っていたのか 幸か不幸か



 ....
じゆうだなあ
白いなあ
なんでも書いていいんだなあ
むつかしいことも
おふざけも
純愛や青春や絶望も
宇宙人だって
なんでもここに書けるんだなあ
ポンコツなのでも
傑作でも
みーん ....
スープストックの安心を
幾つも並べ立てて
漸く応答する
眉の太い
少年漫画の強さで聞いてくる奴がいて
まだまだ一生無視するつもりでいる
誇りを二度と傷付けられはしない

夕陽が真っ赤に ....
薔薇の花が言葉を喋り、彼女の喚く下らない自分本位な痴話話をいなしながら、俺はヘルメットのバックルに紐を通す。俺は郵便配達の飛行機乗りだ。俺は砂漠を飛ぶ。俺は砂漠の広大な原野に、砂漠の民たちが読む、一日 .... 前を見れば誰かの背中
後方からは抜き去ろうとする者の足音

周りを意識し過ぎれば
自ずからデスレースを走ることになるだろう

胸の中ににぶら下がった心臓は
おまえだけのストップウォッチ
 ....
だめなひと

いとしい


すまなそうにうつむいて

小さく笑う


もういいから

だめでいいから

わかってるから


そんなに小さくなるな

泣きたくなる  ....
夏の終わり
暑さだけ残して

太陽が少しずつ
遠くなる

街の中で
暑い暑いと言いながら

人のいなくなった海の面影が
頭の中でしまわれる

毎年同じ

何か忘れ物をしたよ ....
木はおどる
きみたちは知らない
木の舞うすがたを

木はおどる
風に揺れるなんてもんじゃない
種から芽生えたそのときに
体をブンブンゆするのさ

枝が広がり
葉をのばし
おど ....
大きな山だった
立ちはだかったまま青く動かないで
汚れたままの靴と
広くて深い空
その空に追突していった
ま白い鳥が
置いていった羽をくるくるもてあそびながら
雲の上や切れ間を流れる風に ....
 新しい風は窓辺を抜けてこの部屋に一枚の若葉を寄こした。
 柔らかな音楽に私の心がハミングしている。
 描きかけのキャンバスはひっそりとそこに佇み、
 次の一筆を黙って待っている。

  ....
窓の外 人の姿も無く

ただ 車の群れと 青い空だけ

同じ国の どこか遠くでは

とても強い雨が降っているらしい

他人事

自分以外の全ての出来事

悲しいニュースも 嬉し ....
あなたのスカートの中で暮している
というのは比喩だが
すべてはメタファーである 
だが何の?
わたしの放った鳩があなたの胸まで飛んでゆき
白い花を咲かせる
理解するのではなく到達する試み  ....
一人を越えた一人で
異を受け入れる小鳥

見つめあった訳
それは誰にも見えない
ラムネ工場で作られたビー玉にあの夏の日が閉じ込められてる


初恋を{ルビ啄=ついば}む小鳥に{ルビ啄=ついば}まれたとこがいつまでたっても甘い


遠くまでちいさな泡がのぼるからおそらく ....
あの子の寝顔を観て
はあ美しいと思う

部屋には私の匂いがたちこめている

さあ今から残った弁当を食べよう

あの時の人参を思い出して
Wasabi さんのおすすめリスト(1530)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
ひかりのノート- 青色銀河 ...短歌221-10-30
古谷実の命を祝おう- TAT自由詩4*20-12-30
スナフキンよ- 浮蜘蛛自由詩2*20-12-20
団欒- 道草次郎自由詩320-12-19
桜三月- 花形新次自由詩220-11-26
君はどうだい- ジム・プ ...自由詩6*20-11-7
でもない夫婦- イオン自由詩2*20-11-7
November_Gold- TAT自由詩2*20-11-7
川辺- はるな自由詩1820-11-6
ひさしぶりに- ナンモナ ...自由詩7*20-11-5
歩く- 風の化身自由詩420-11-5
- 猫道自由詩420-11-4
夕飯- 花形新次自由詩320-11-3
事前準備- 花形新次自由詩420-11-1
シグナル- 自由詩6*20-10-12
去りゆく大人への備忘録- 短角牛自由詩120-10-3
白い畑- 道草次郎自由詩5*20-10-1
接近禁止- よしおか ...自由詩220-9-19
サン=テグジュペリ- TAT自由詩1*20-9-12
マイペース- 自由詩220-8-18
街灯- ガト自由詩3*20-8-18
サンダル- ガト自由詩2*20-8-18
木はおどる- 木屋 亞 ...自由詩3*20-8-13
手探りで- ふるる自由詩8*20-8-13
Scenery- メープル ...自由詩3*20-8-13
青天の霹靂- たいら自由詩120-8-12
わからないことばかりなので- 滝本政博自由詩5*20-8-1
飼育員- 陽向.自由詩220-7-30
誰もいない夏- 青色銀河 ...短歌5*20-7-30
あの時の人参- 陽向.自由詩220-7-30

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ひかりのノート」から「あの時の人参」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。