僕はいつになったら日本人をやめられるだろう!
僕らはいつになったら地球人になれるだろう!
 
nan-nan-nanan-na"
nanan-na"
nan-nan ....
(それを希望と呼ぶには絶望的で)


ボクは




あてのない希望を握りしめて




待ってるから






(それを希望と呼ぶには絶望的で)


 ....
起立、気をつけ、礼を繰り返して
僕らの夢は近づいてゆくのだけど
それだけ涙を流す量は
増えてゆくもので
僕はまた今日も机に突っ伏する。

*

「おはよう」の一言が懐かしく響く。

 ....
僕はこれから逃げ出そうと思う
自分自身に宣告をし終えたら、
吐き出し損ねたその心臓を出し
これから二人蒸気船に乗ろう。

誰かの為の架け橋を潜り抜けて
涙がバイバイの形に成長したら
どう ....
真っ暗な部屋で

あなたの声を聞こうったって

聞こえてくるのは

窓の向こうの

道路を走る車の音と

時計の針の無機質な音くらいで

他に時々聞こえる音ってのも

ぼく ....
浮かんでいる事に
疲れてしまった{ルビ彦星=ひこぼし}が
君の引力に
導かれて

冷たい、
アスファルトに
クレーターを
作りだした

そこから生まれるのが
儚い愛情だって、
 ....
最近の紙ってのは
紙じゃないね
ケント紙だとかルーズリーフだとか
下らない
にじまない紙の何処が紙だというんだ

紙はね

にじんでこそ紙の価値が問われるのさ
とく ....
ガラスの割れる音に気が付き起きる毎日

命綱なしで挑む世界の破壊神

黒い沼に一粒おちた血の涙は

瞬く間に血の光景を広げていく

二酸化炭素濃度100%

夢の中見えて ....
ゆっくりと少しずつ時計は時を刻んでいく

叶わないとしていながら

行動に移してスグに失敗

悲しみの奥底の小さな穴から見える

希望絶望そのほかの

万華鏡に反射した波 ....
奏でる音で
 
眠りを誘い
 
ピアノ線で
 
肉を切り裂く
 
 
黒光したホントの心
 
ピアノが奏でる裏側の
 
ピアノが奏でる罪のうた
ほんとは

虹の出てる場所ってあるんです


ただ人間は


その場所がわかんないだけなんです


それだけなんだと思います
たまごを
割るように

涙を
流す

そんな人が
好きだ

誰かを
傷つけもせず

自分も
するりと

誰かに
溶けて

真ん中に
咲いて。
ボク達は、記号というヤツに囚われてると思う。

それが悪い方向に転ぶか、いい方向に転ぶかは
人によって違うとして。

パターン化された思考、パターン化された日常。
まるで誰かにプログラ ....
湧き水の底から
三日月が現れて
私に問うた

空の寿命はいかほど?

さあ
太陽にも相談しませんと
何とも言えません

太陽は山の端に隠れる最中で
やさしく

月と太陽がかき ....
空っぽの僕を捨てたら
誰かがやってきて
僕のかわりに僕を生きてくれるのだろうか

2丁目のさんちゃんがやってきて
僕の顔で笑うんだろか

それとも
僕だったはずのモノは
さんちゃんの ....
「人に語りかけるような、優しい口調の、飾らない言葉で綴った詩を描きたい」(僕にとって詩は風景画と似た感覚なのであえて「描く」と表記します)

そう思ってたはずだったんです。

かっこいいことは ....
詩って詩って詩って
言葉のダンス
初めて出会った恋人たちが
ささやくように
歌いかける

はじめのステップはぎこちなくても
言葉のリズム 胸の鼓動

詩って詩って詩って
恋のダンス ....
欠けていく
月のもとで
君と愛し合う

風に呼ばれ
二匹の猫と戯れて
君を味わう

曼珠沙華の色と
虫の音が
君を満たしている

少し
湿った空気が
君と共にある

こ ....
風、吹き
障子が揺れた時
襖から、祖母が顔を出した
時は既に遅く
襖から、祖母が顔を出した

葬儀の前夜
その白い布の下から
祖母が顔を出した
少年が泣いた 時は既に遅く
祖母が死 ....
もうお前はいらない!
それは私をどれだけ
傷を付けただろうか
その言葉に泣き崩れた

私だって
貴方みたいにかっこ良く
生きたいけど生きられないのよ
だって私は不器用なんだもの...。 ....
夜更かししないで
朝に会いに行こう

僕が目覚めた{ルビ瞬間=とき}
朝が生まれる

木々の緑にも
ビルの谷間にも
光と共に
等しく降りそそぐ

寝ぼすけの誰かさんの
夢をくす ....
僕は
今日も
身の内に孤独を飼いながら
このまちを歩いている


人として話す言葉が
僕という存在の上をすべり
君はあくびをしながら
空を見つめている

長く暗い闇が明けた時
 ....
旅先で
必ず訪れる旅館があって
其の庭には
花をつけない
見事な桜が佇んでいた



  花をつけないのは
  私のせいなんですよ



其処の女将は笑う


彼女は ....
僕らもいつか禿げて来る

禿げてくるから光るんだ

僕らはいつか禿げて来る

だからこんなに悲しいんだ

毛の艶を太陽に 掲げてみれば

見事にパサパサ 僕のキューティクル

 ....
真綿のように
柔らかく
アクアブルーのように
澄んでいる

貴方の心は
1マイル先をも
見ることが出来る
邪心がない

貴方の笑顔は
優しい
貴方のピアノは
楽しい
プリッツとポッキーの違いって何よ?
と聞かれても

チョコがかかってるか、かかってないかだろ
としか言えない。

成分がどうのこうのとか

そもそも名前が違うだろとか

プリッツは ....
いつも水を背にして
戦う
もう後には引けない。
負けられない。

苦しむ
悩む
嘆く
生きている間は頑張る

いつ死んでもいいように
今を大切に生きる
切腹も厭わない
悔いな ....
川で魚を釣り
川で洗濯する
魚を焼き
風呂に入る

一緒に食事して
一緒にドライブして
一緒に川辺で話す
一年に一回だけ

笑って泣いて
楽しく話しましょう
こんな日が毎日なら ....
雨よ降れ
風よ吹け
雷がなり
眠る妖精

拳を上げ
根性出し
底力見せ
男の意地

元気愉快
緊急事態
緊張状態
放心状態
暑いこの夏を乗り切るために
人々は、まるでエアコンのように
乾いた声を漏らしている。

口では冷たいこといって
おしりでは、汚いこと
吐きまくって。

暑いこの夏を乗り切るために
テ ....
イズミナツキさんのおすすめリスト(299)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
造花(笑えない世界だからこそ)- 仲本いす ...自由詩407-6-19
AO- 自由詩3*07-5-18
古惚けた朝- 仲本いす ...自由詩5*07-3-2
LOVING_YOU.- 仲本いす ...自由詩4*07-2-19
そんなこんな- 自由詩1*07-2-17
HELLO〜母星〜- 仲本いす ...自由詩407-2-12
或る紙すき職人の遺言- 蒸発王自由詩10*07-2-1
飛行機雲のSOS- こめ自由詩1306-11-11
幻想生物のマリオネット- こめ自由詩15*06-9-22
ピアノ深理- 自由詩4*06-9-2
- 自由詩1*06-8-30
たまご- 仲本いす ...自由詩806-8-14
記号の人- 仲本いす ...散文(批評 ...306-8-13
空の寿命- けんご自由詩506-8-7
空っぽの僕を捨てたら- 武富諒太自由詩6*06-7-30
詩が好きなんです、多分。- 仲本いす ...散文(批評 ...506-7-28
詩のダンス(仮)- 武富諒太未詩・独白1*06-7-24
夜___晩夏- 武富諒太自由詩2*06-7-24
鶏頭の花- 結城 森 ...自由詩8*06-7-21
生きとし生ける者- ペポパン ...自由詩3*06-7-21
- 武富諒太自由詩4*06-7-21
- 武富諒太自由詩9*06-7-20
何度目かの遺言- 蒸発王自由詩10*06-7-17
ケトルマン〜毛の裏を太陽に〜- 仲本いす ...自由詩506-7-14
優しさ一杯- ペポパン ...自由詩4*06-7-12
ポッキープリッツポッキー- 仲本いす ...自由詩206-7-10
背水の陣- ペポパン ...自由詩4*06-7-10
七夕の下- ペポパン ...自由詩5*06-7-7
天地騒ぎ- ペポパン ...自由詩6*06-7-3
灰色吐息- 仲本いす ...自由詩306-7-2

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「造花(笑えない世界だからこそ)」から「灰色吐息」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。