凍える寒さとminiの宇宙船で
こうただっ広い宇宙を旅していると彼にはよく会う
つまり宇宙最強だ
先が宇宙で一番尖っている宇宙最強の剣を持ち
あとは日本の埴輪みたいな感じ。
(俺が日本人だか ....
桜よ
あの人を包んでください
黒い古木にもたれて
胸の傷に手を当てる
あの人の背中をさすって


夜空の花となり生温かく散って
ほのかな明かりで目隠してください
ひとひらひとひら
 ....
春風にそよぐ{ルビ枝垂桜=しだれざくら} 

青空に響く{ルビ鶯=うぐいす}の唄 

{ルビ我等=われら}は{ルビ童=わらべ}

肩を並べてさくらを唄う 



  * 第一詩集「 ....
生きる意味に悩んでいるなら
悩んで悩んで悩み抜いて
大いに苦しめばいいよ


それでも君は幸せなんだから


今すぐにでも死にたいのなら
遺書のひとつでも書いて
とっとと死ねばいい ....
落日
蜃気楼のよう
だけど蜃気楼じゃない

焼かれるのは
空じゃなく
今日という日の末路

果てるような
限界線
焼かれるのは空
じゃなく
気が付けばもうこんな所まで来たのか
もう自分には生きる意味なんて
そう呟いて暗闇の中たった一人で泣いてたっけ

いつだったっけなぁ? 僕は変わるんだと誓ったあの日は
結局僕の中身はあの頃と大 ....
屈めた背中を ゆっくりと伸ばすように
季節は移り変わる
それは水指に潜む 小梅の性
三寒四温の質感を受けいれては ひとり悦に入る

 
(ああ 春は素敵な季節
(水指の渇望は 
(滴り ....
気付かれようと
必死になる
報われない
あんたなんか、

とおりすぎる
気付かれない
なきそうになる
このやろう、


なんでもない
なんでもない
なんでもない

で ....
「やい、蛸」元宮のこの一声で蛸は目覚めた。
不機嫌そうに目を開き、黄色い眼球をぎょろぎょろと動かしたあと、「なんだ、お前は。」そう言った。
元宮は静かに包丁と白い綿布を取り出し、綿布を蛸にかぶせ包 ....
わたしが 骨壺に なったとき 全ては 赦される ノデショウカ ちいさな 骨壺の中で 繰り返し おもいだします あのときのこと この ときのこと もしも そうなったら なら なかったなら でも 骨壺も  .... (地下鉄の入り口)


真昼でも陽の光の届かない
そこは蛍光灯で照らされた

もう一つの夜だった

疲れた足取りで階段を降りてゆく
行き先を示す電光掲示板には
目的の場所が表示 ....
笑わないで聞いてくれる?



例えば






不規則的に唸る換気扇が
この世の終わりみたいな音を奏でても




それに怯える私はうずくまってコーヒーを飲み明か ....
小さな息遣いで狙う
溢れそうな領空を遠い声が駆け抜けていく
高度3メートル
誰も倒せない鉄砲に込めた弾丸は
赤や黄色に自己主張して
空に駆け上がる勢いを
繰り返すたびにどこかへ置き忘れてい ....
帰るから
もう帰るから
といいながら
帰らないでいる
ひとりの男
夕陽眺めて


空は大きい
空は小さい
どちらだろう
飛行機がきりとる空
ロッカーから見ている

 ....
あなたの『大事だったもの』を
もらいにきました

あなたが
「もうそんなの古くてかっこわるいんだよ」
と言っていたのを聞いたので


  そうですか・・・
  やっぱり大事ですか・・ ....
豆をやるから
こっちへ
来いよ、
だなんて

そんな餌には
釣られません

私は私の
信じる空へ

羽ばたくだけです
くるっぽー。
  昔、あなたに宛てて書いた手紙
  あなたが受け取らなかったので
  まだ手元に残っている


  手渡そうとすると
  あなたは決まって困った顔をしたから
  わたしは何故なのだろう ....
真夜中の部屋で独り
耳を澄ますと聞こえて来るピアノの音
沈黙の闇に 響く「雨だれ」

( ショパンの透き通った指は今夜も
( 鍵盤の上で音を{ルビ紡=つむ}いでいる

写真立ての中で肩を ....
ある日それは突然襲う

イヤホンをつけて音楽を聴こうとしたら
片方だけ音が聞こえずらい
イヤホンをもう片方に当てたら気づいたんだ
片方が聴こえなくなってることに

病院に行く途中
不安 ....
酸性雨が降り
森が枯れて
花は身じろぎもせず
こっそりとあぶくを吐く

内なる情念を
笑った眉尻にはりつけて
澄んでゆく



道草が過ぎたので
傘をなくしてしまった ....
いのちだもんね
乱れるもんね
明るいもんね
光と葉っぱ
うねる赤ちゃん
バス通りのサイレンス

突き破っちゃったよ
人の中
無防備なまま
完全に狂ってるよ
そう
いのちが
い ....
私が生まれるより前に
戦地に赴き病んで帰って来て間もなく
若い妻と二人の子供を残して世を去った
祖父の無念の想いがあった
 
私が生まれるより前に
借家の外に浮かぶ月を見上げて
寝息を立 ....
冬の朝空
七時の悲しい羊たち
隙間無く群れをなす

東を目指す羊らが
見つめる先はどこの地か
無言で光に染められていく

たどりついた羊らは
美しく映え
空に融けていった
夕影に マーブル ひとり ぽつんと おり

よろこびも いまは かなしき まーぶるの コスモスの なかに いた ひを おもう


ねーちゃんは よめに いくよと 弟に 告げし 君の 目 みた ....
日差しを あびていると なにもかも 忘れてしまう あなたとの いやな こともにちじょうの 瑣末さも あびている 陽射しだけ に なってふたり 抱かれていると ひとつに 解け合って 塊に なる にちよう .... キスして欲しい
そっと手を握り合って

この落ちた涙が
地面に落ちるよりも早く
抱きしめて欲しい

街並に融けていく僕を見失わないで欲しい

どれだけ離れていても
ど ....
行方もない風たちを
帆にはらませて
もう帰らない船の
船笛の消えていく先
短い呪文
アストロラーべ

二人の旅路を
羊皮紙に書き出しても
深海の底に
沈む姿があって
透明な海藻に ....
狂い咲きの花が
手をすべり
奈落の底へとしずむ夜
逆さまにのぼる 落ちていく
奈落の底へとしずむ夜


奈落の底では また奈落
だから墜落が
絶えない
これからだっ ....
墓の裏に回る
墓碑銘
一文字ずつ読み取る
故人も知らぬ名前の羅列に
隔たりの強き世界の境
墓の裏に回る
 ....
この胸をときめかすもの
すべてを引き換えにしても手に入れたいもの

昔は詩人になりたかったけれど
詩人はかつて憧れたほど美しくはなかった
人間の臭いがする生き物だった

そうさ
この世 ....
炭本 樹宏さんのおすすめリスト(298)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
宇宙旅行記_#1- 馬野ミキ自由詩4*06-3-25
桜よ- まほし自由詩12*06-3-25
幸福。_- 服部 剛未詩・独白7*06-3-25
世界で一番不幸せと思っている君に贈る歌- 恋月 ぴ ...自由詩33+*06-3-8
夕刻、焼かれるのは- たりぽん ...携帯写真+ ...28*06-2-17
青空色キャンパス- 腰抜け若 ...自由詩1*06-2-15
小梅のエスキス- 恋月 ぴ ...自由詩26*06-2-15
who_am_i_??- くるす自由詩1*06-2-14
蛸。- 仲本いす ...散文(批評 ...1+*06-2-13
墓所_骨壺- すぬかん ...自由詩506-2-13
「地下鉄には、もう一つの夜が」- ベンジャ ...自由詩3*06-2-11
スカートの落とす影を- a.u.i.自由詩206-2-11
源泉- 霜天自由詩206-2-11
やめない- 石川和広自由詩5*06-2-10
あなたのものをもらいにきました- さくらほ自由詩11+*06-2-6
ポケモン(ポッポにて)- 仲本いす ...自由詩5*06-2-6
手紙- 嘉野千尋自由詩31*06-2-6
夜想(第二稿)_- 服部 剛自由詩11*06-2-6
聞こえなくなる世界- 海月未詩・独白1*06-2-5
不透明な_ものたち- 落合朱美自由詩2106-2-5
曲がり角- 石川和広自由詩3*06-2-4
私が生まれる前に- 服部 剛自由詩18*06-2-1
ひつじ雲- さくらほ自由詩10*06-1-30
まーぶる_いまは_かなしき- すぬかん ...短歌206-1-29
日曜日_の_午後- すぬかん ...自由詩306-1-29
憂空- Kj未詩・独白106-1-28
とりたちの星座盤をまわして- たりぽん ...自由詩14*06-1-28
「奈落の底へとしずむ夜」- 阿麻自由詩6*06-1-21
墓の裏- 遊羽自由詩4*06-1-20
この世界中の人にラブソングを- 和泉 誠自由詩1*06-1-18

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「宇宙旅行記_#1」から「この世界中の人にラブソングを」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。