東京ドームのまんなかで腰をふったよ、わたし
観客5万4千人 全世界同時ナマ中継
相手は神さまだったから わたしもすごく真剣だった
わたしは処女でもなんでもなかったから
前に寝た男たちは全員、シ ....
またもどうでもいいことを勝手に書きたいと思う。
以前から、人種差別する人間で知られている俺だが、
「また今回もかよ」って程度で読んでくれて良い。

最近、語学学校に来た韓国人がいるのだが、なか ....
綺麗ね、とならんで毎日歩いた
これが、あの子の世界

キレーネがゆれて
キレーネがキレーネの蜜を吸い
キレーネに囲まれた
キレーネを歩き
キレーネを眺めると
キレーネがのぼり
キレー ....
まだ小学校に入る前だと思う
うちによく関さんが来た

今度の日曜日、関さんが来るそうだ
父が言うと
あら、じゃあ美味しいもの用意しなくちゃ
それが母の決り文句だった

僕は関さ ....
{引用=ただいま「春」の収蔵作品展 開催中
  http://po-m.com/forum/grpframe.php?gid=359

[春の帝国]

恐ろしく美しい花が
恐ろしく気持ち ....
色褪せて見えるのは
それは
移ろうものだから

言葉にしなければ
無いもの
消えていくものだもの

言葉にしたら
何れは
虚しいものに変わるもの

想いは泡の玉みたいに
たく ....
夢のつづきを上映なさる、
あめ色に半透明な
翅のスクリーンに

隙もなく並べられた円卓が。
潤む瞳、
凸レンズ式の

灰皿におとした視線に煙り
鉛の筆跡で笑えず。
夕べは、霧の森で ....
ぽっ、と生き物の匂い
振り向いたけれど
ここはもう教室ではなく
ただ頬に、そして体に、雨でした
生き物ではなく
春で融けただけの


ああ
かつて
純だった
まば ....
君を好きでしょうがないので、寝ます。
寝ることにします。

君の好きな歌を口ずさんで学校通ってるなんて、
言ったとこでしょうがないので、寝ます。
寝ることにします。

歌ってるだけで元気 ....
牛柄の猫の話を知っている?

牛になりたいと、毎日祈っていた猫は、
神様から、牛の姿だけをプレゼントされたんだって。

その猫のおじいさんは牛だったから、
彼はクゥオーターなんだ。 ....

 ん
  だっ
    て          てる
     なんだっ   まがっ  た                に
         てこう       のむまっすぐ ....
旅に終わりはくるのかとみあぐるそらに
  つき かたぶきぬ

古の唄のまねなどするわれに
  今宵の よぞら やさしく あけぬ

旋律とは 音であるのか りずむであるのか
  太古の森に やさしく さ ....
淡いピンクのチューリップがいけられた
硝子の花瓶のそばに
罅の入った銀色の金属製の心臓が
取り外されて置いてあった
彼はその代わりに
肋骨の中に脈動変光星をひとつ
納めようとしていた
昨 ....
                           (喪失の物語)


毎日の記憶が体積して
棚や机の引き出しや流しの下など
部屋じゅうに溢れて暮らしにくくなったので
彼女は思い立っ ....
 雲ひとつない



   ここはグラスの底


{引用=


        では次に、炭酸水をきちんと測って
        フラスコにいれましょう。さあさあ
       ....
その日も、少年(予定)は、間違えた言葉をそのままに口にする
変換の仕方も削除の方法も、最後には気付けないことばかりなので
いつまでも、「あ」と「い」が上手く発音できない
それでもいいか、なんて思 ....
鶏の ように 飛べない 。鶏冠 を もたない 。神のようで ない 。雉のように長い しっぽを もたない 。鴨のように 美しい 羽根を もたない 雀のように 美しく 羽根を ひろげない。猿のように 鬼ご .... ザラメ ザラメ
その名を呼べば    
甘い夜風が
    
         う
        ょ
      び
     
と吹く

夜のお祭り
始まって
裸電球

 ....
あなた、むかし、ひとがいました
ひとは足で歩いてました
あなた、でもそれは、あなたではない
足の、裏の、歩くの、速さの、
それらすべては、あなたではない
あなたはまだひとではないから ....
{引用=ソコは。}溢れている
ただ、天蓋はない
一斉に眠ることもあれば
一斉に目覚めることがあるという それだけのことだ

街に耳を当てカツテは聞いた雑踏の鼓動
力強かった
でも、偏在し ....
こいしける 
そらたかく 

おちていく 
みどりいろ 

はがしげる 
はるのいろ 

なのはなは 
たまごやき 

そらたかく 
こいしける 

ひこうきと 
くも ....
人が減って
電車は軽くなる
「達磨さんが転んだ」

象の鼻をのばしたような
雪原の竜巻
「達磨さんが転んだ」

西の惨事を
引用しないで済ませてごらん
「達磨さんが転んだ」

 ....
空を

空を支える手があまりにも小さいのです
届いているように感じているのに
距離はこんなにも風を吹かすのです

急にバームクーヘンが食べたくなりました

空はもう星色
支えられない ....
たくさんの資料に埋もれて君に愛を告げた分室という部屋


僕の住む街を指でなぞれば指紋が乾く空のない地図帳


こけしを削って食事に入れ続けた、母は父に何の復讐


ひとことで言 ....
ただ奇妙に笑う君の夢をみた

君の小さな手を握る夢だ
花はそのままで美しい
草木もそのままで美しい

根も葉も茎も枝も美しい
葉が還る土も美しい

あれらは光の受け手である


ケイソウはそのままで美しい
渦鞭毛藻類もそのままで美しい ....
書けなかった詩の断片が
ちぎれた草になって

風に舞っている

いのちは永すぎる未完
死してなお
始まりにさえたどりつけない 未完

私の夜はいつもと同じ旋律を
内側の街路にまきち ....
最近《なんとなく猫》がよくウチに来る

なんとなく猫は一匹ではなくて
その日によって違う

茶色もいれば黒も白もいるし
大きいのもいればまだ子猫なのもいる

なんとなく猫は何となくウチ ....
*

三月の寒すぎる日。曇天。
家を飛び出た時には、雪すら降っていた。
今は、部屋の灯りは点けていないから、雲間から漏れてくる光が僅かに部屋を照らすだけ。薄暗い日。
aikoを部屋いっ ....
美しい人  あなたは話します 私は聴きます  美しい人 
あなたは歩きます  私は歩きます  あなたは話します 
私は聴きます
美しい人
 

美しい人  私はあなたに郵送しました  あ ....
ヤギさんのおすすめリスト(872)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
まな板本番ショー- ゼッケン自由詩1706-4-29
人種差別を揺るがすもの。無邪気な情熱。- 虹村 凌散文(批評 ...21+*06-4-21
ただひとつの言葉- 長谷伸太自由詩306-4-18
関さん- たもつ自由詩8+06-4-16
春の帝国- 青色銀河 ...未詩・独白206-4-16
言わないけど- 蒼木りん未詩・独白506-4-15
無声映画- こしごえ自由詩15*06-4-15
不透明な春- A道化自由詩1206-4-15
寝ます。- アザラシ ...未詩・独白11*06-4-13
牛柄の猫の話- エラ自由詩2*06-4-12
ながしそうめんリフレイン_(視覚短歌)- ふるる短歌12*06-4-5
つき- すぬかん ...短歌4*06-4-4
春のオブジェ- 塔野夏子自由詩14*06-4-3
記憶の物語- アンテ自由詩6*06-4-1
ソオダ光- ふるる自由詩10*06-3-29
少年予定- 霜天自由詩4506-3-29
人は- すぬかん ...自由詩306-3-25
ザラメ- ふるる自由詩7*06-3-20
あなたは、まだ- たもつ自由詩906-3-19
白い都市- 英水自由詩5*06-3-18
こいし- よーかん自由詩7*06-3-17
達磨さんが転んだ- 吉岡孝次自由詩406-3-15
小さな- ふく自由詩2*06-3-15
空のない地図帳- バカ男短歌806-3-15
- 佐藤伊織自由詩2*06-3-15
たとえないばなし- 小池房枝自由詩19*06-3-15
未完の夜- 岡部淳太 ...自由詩18*06-3-14
なんとなく猫- 松本 涼自由詩12*06-3-14
3月13日_手記。- かのこ散文(批評 ...106-3-13
美しい人- 渡邉建志未詩・独白2*06-3-12

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「まな板本番ショー」から「美しい人」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。