二〇一八年九月一日 「葉山美玖さん」


 葉山美玖さんから、小説『籠の鳥 JAILBIRD』を送っていただいた。クリニックに通う女の子の成長物語だ。会話部分が多くて、さいきん余白の少ない目詰ま ....
がじゅまるの
青々とした
葉の光
あらゆることが
こころの糧だ


{引用=※五行歌とは、「五行で書く」ことだけがルールの、新しい詩歌です。}
夏だなあ
うちわあおいで
麦茶飲む
四十九日も
静かに過ごす


{引用l=※五行歌とは、「五行で書く」ことだけがルールの、新しい詩歌です。}
手を伸ばしたが
何も掴むものはなかった
   *
鏡に映った私ではなく鏡面そのものを見たかったのだ(再掲)
   *
「有る」という究極の不思議にどうすれば立ち向かえるのか
その謎を知るこ ....
 奇妙な縁があって、X JAPANやミレーヌ・ファルメール、マリリン・マンソンらの音楽を聴きなおしてみています。そして思うのは、彼らの創作する作品というものは、今ではすでに過去の再構築だけを目指してい ....  このごろ考えていることに、「概念とはグラデーション的な実在ではないのか」というテーマがあります。世の中を科学によって見る物の見方は、遠く過去にはギリシア文明の時代、いいえ、それよりもずっと遠い過去か ....  病院のなかでの自分の定位置というものを決めることは難しい。けれども面白い。制約のなかで何かが生まれる。制約がないのであれば、作ればいい。自由がないのであれば、それを作ればいいのと同じように。制約がな .... 戦士エイソスは、最初は密偵として、
アイソニアの騎士の元に遣わされた。
というのは、アイソニアの騎士が善なる者か、悪なる者か、
元老院の長老どもには分からなかったためである。

アイソニアの ....
戦士エイソスは、クールラントの東の外れにある、
ディペルスの街の出身だった。
その出自は高名な貴族の家系で、
とくに剣と弓矢の扱いに秀でていた。

しかし、アイソニアの騎士がエインスベルや盗 ....
英雄の生を語るには、その死をもって始めなければならない。
なぜなら、死こそが人間の生き様の帰結点なのだから。
アイソニアの騎士のような男にとっては、なおのことだ。
なぜなら、その生は謎に包まれた ....
海からの手招き
ちいさく
おいでおいでと飛沫をあげて
幾千の光があなたを呼ぶ

神の隠した浮島が
夕陽の産卵に砂を捩らせ
浜辺を涙で湿らせる頃
あなたの瞳にひそむ楷が
海底の椚に突 ....
さみしい思いをしていたら
母親がゾウを買ってきた
我が家は1DKだけど
ゾウ一頭くらい
生活する余地はある
問題はどうやって
ゾウを部屋の中に入れるかだが
販売業者はお手のもの
手際よ ....
ようやく畑にたどり着いた
遠くを見て佇む案山子ひとり
腕はだらりと垂れている
そばへ歩いてゆくと
帽子を取ってお辞儀をしてくれた

私もお辞儀をする
顔を上げると案山子は
帽子を持って ....
白鳥の背にカルガモが乗り、水面を泳いでいた
まだ、私たちが私たちであったころ
ワンボックスカーに家族が乗り、出掛けた

思い出はせつなくて
朝の苦い二杯目のインスタントコーヒーのようで
口 ....
季節を思い出した この冬に
  
時間のないジェットコースターに乗った感覚で

花を一輪大切に指で包む 会話を弾ませる 微笑みを正面に

時間の感覚を麻痺させる脳処理をして

この ....
心の外側で謝ったり笑ったりするとき、自分を消費している感じがしてよかった。精神の空洞に合わせて身体を削って、サイズを合わせようとしていた。自分の欠けているところがはっきりと見えていて、でもなんと言 .... こんなクソ寒い日
障子紙がえ
みすぼらしいらしい
寒い日
声がデカくなる
「詩とはなにか」
白紙でいいんだよ
だろう
障子紙なんか
絵を飾る
 
遠い砂浜
日が沈む五分前
  
遠くに人影が
犬の散歩だろうか
それとも
心の散歩だろうか
   
気がつけば
絵の中に立っている

橙色に染められて

描 ....
    岩

   せせらぎがながれ

   葉やはなびらがながれて



    風

   計量器の退屈を戯れ




    ・

   無が刻印された
 ....
いつも通貨は飢民を迂回して流通する
いびつな地球儀の舵をとっているのは誰
鍋の底に経済の残滓がEDMみたいだ

僕は誰。僕のからだのなかには吸い殻と
古い写真と優しかった女しかいないから
 ....
残業で
すっかり遅くなってしまった
疲れた身体を引きずって
車のドアを開け乗り込むと
助手席にいる
随分大きくなった
初めて出会ったときは
小さな子猫ほどだったのに
ある日突然
姿を ....
二〇一八年八月一日 「どくろ杯」


 いま日知庵から帰った。帰りに、セブイレで、きんつばと、玄米茶を買った。寝るまえの読書は、なんにしようかな。きょうのお昼には、金子光晴の『どくろ杯』のつ ....
     死者たちもいるよ
     ここに
     この駅に
     みんなと同じなのさ
     ほら
     きみのまわりにもいるだろう
    ....
世間、世間、世間世間世間、あんたら世間好きだねぇ、世間っていったい何だい、そいつは実体のあるものかい?そんなにムキになるくらい、素晴らしいもんなのかい?まったくどいつもこいつも二言目には世間ってそ .... 暮れ、底に 打ついて聞こえる淋しい声は
違う違うといっている

朝焼けや紅葉の美しいのに 体ははたらかず
心ばかり出掛ける
そうしてそのいっさいが失われようというときにはじめて
この指 ....
お日様が現れると
どこでも朝がやってくる

この道があそこまで続いているのは
誰かがその道を作ったから

眠れない夜
そこにはお月様が待っている

だからといって
お金が降ってくる ....
{引用=施錠された雨へたどりつくまでの足取り

輝ける虚空の大理石に屈服してしまうわたしの

 一歩を待つ夜を繋いだ

白熱灯が光る死角を擦れ
吸った湿気る一悶着に

手を打ち鳴 ....
穂渡りの君が
口笛を吹く

錦糸町にお蚕さんの面影を重ねてみる
ほら
そんなふうに季節を忘れた町に
探している何かを求めている
探している


穂渡りの君が
嘘をつく

 ....
ふるえる液体のように言葉をこぼす

その重なりの中のささやかな日常

計測地点からの風景

穏やかに心を柔らかくする

秋の夕暮れ、日差しの降った跡

乾いた血液はさらさらと夜 ....
山際の稜線の少し上に高圧電線が微かに見えた
見えなかったのかもしれない
それほど細い線のイメージには力が流れて
山から見える眼下の街を息づかせる
儚さと比例する人工物の割合
人工物の総量が自 ....
ひだかたけしさんのおすすめリスト(5676)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
詩の日めくり_二〇一八年九月一日─三十一日- 田中宏輔自由詩6*21-12-6
※これは五行歌です。- こしごえ自由詩4*21-12-5
※これは五行歌です。- こしごえ自由詩2*21-12-5
存在_Ⅰ- 空丸自由詩521-12-5
ポピュラー・ミュージックは文学たり得るのか?- おぼろん散文(批評 ...4*21-12-5
概念とはグラデーション的な実在ではないのか?- おぼろん散文(批評 ...2*21-12-5
精神病院でのある一日- おぼろん散文(批評 ...3*21-12-5
戦士エイソスとアイソニアの騎士- おぼろん自由詩1*21-12-3
戦士エイソス- おぼろん自由詩1*21-12-3
英雄の死- おぼろん自由詩1*21-12-3
海の呼び声- 由木名緒 ...自由詩3*21-12-3
カシマシ娘- やまうち ...自由詩3*21-12-3
スケアクロウ- 木葉 揺自由詩521-12-3
無題- 山人自由詩6*21-12-3
時間を落とし切る- 朝焼彩茜 ...自由詩221-12-2
20211201- はるな散文(批評 ...421-12-2
障子紙- ナンモナ ...自由詩421-12-1
絵心- やまうち ...自由詩8*21-12-1
#- 津煙保存自由詩6*21-12-1
棄民のうた- 梅昆布茶自由詩1021-12-1
対話篇- やまうち ...自由詩2*21-11-29
詩の日めくり_二〇一八年八月一日─三十一日- 田中宏輔自由詩12*21-11-29
夏虫駅- 山中さん ...自由詩10*21-11-28
頼むから一人にしてくれ- ホロウ・ ...自由詩4*21-11-27
そこのはて- はるな自由詩221-11-27
誰の道なのか- 空丸自由詩521-11-25
- 津煙保存自由詩7*21-11-25
穂渡り- AB自由詩10*21-11-24
cycle- ゆるこ自由詩521-11-24
Cosmic- 863条自由詩3*21-11-24

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「詩の日めくり_二〇一八年九月一日─三十一日」から「Cosmic」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。