遠い海を思う日
すべての手足が色あせて見えた
博物館に展示された金飾の棺のように
自我という幻が何かを閉じ込めているようだ

風化させるままに人生を問えば
その答えもまたかさこそと音をたて ....
いつもMDのラフマニノフは家に帰ると鳴りっぱなしで乾いた道と渇いた人にちょっと疲れた心をなぐさめてくれるのだが。
現実派ではもともと無いのではあるが独りの家計はあらためて可処分所得の少なさをしっかり ....
  真夜中のいきものたち

真夜中の市場にはすでに
大都会の胃袋を満たすための供物が
続々と魁偉な動物のような巨大車両や
あるいは中型や小型のさまざまな甲虫たちによって
到着し並びはじめて ....
なんでもない詩人たちがけっこう好きなのです
ごく私的でもよいのです
ときに詩的でさえなくとも

ぼくのちっぽけな世界をあたためてくれる
ひとひらの言葉たちがたぶん
ぼくがなんとなくたいせつ ....
やさぐれた溶液中の異分子の半透膜越し無垢への憧れ

直下型で僕を揺らすものってきみいがいはこの世にいないよね

骨格って素敵なトロピカルドレスの隙間からのぞく吐息さ

不定愁訴を身にまとい ....
浜川崎から羽田線に乗る
古い高速道路はそのまま川崎大師の大鳥居をくぐり
モースの大森貝塚を三周程して
干し網の漁師たちを驚かす

ようやく京浜急行が高架になり環八がスムーズになっても
森永 ....
責任とってあたしをお嫁にもらってよ

こんどは男と女になってみましょうか?

どうせ恋愛も結婚もあきらめていたから

男運がわるいっていつも言われてた

いいの一時でもあたしを必要 ....
ざわざわと森のゆれるこの夜に月のまにまの生命誌

魂を細胞膜で包んでよ触れ得ぬもののかたち見たくて

ちいさなエゴで組み立てられたものおもちゃの国の総裁となる

こころを巡る海流の漂着地点 ....
浅い秋の山麓にはまだ夏が僅かに匂いを留めている

霊園のなか
木漏れ日に似て
かすかな静謐の羽音を伝えるもの

誰かの魂の代償としてここにやすむメタモルフォーゼの
しるし

霊園の空は高く
夏をとむら ....
一枚一枚じぶんをひきはがしてゆく

夜の電車の窓に映った
つり革にぶら下がった幽体
遊隊を離脱し
こんなところに居たのか

勘違いした片恋の記憶
まだ薄皮がひりひりと痛むが
おわらい ....
政争を清掃したい総選挙

いっそのこと水曜どうでしょうを党名に

迷走を瞑想している居眠り議員

お互いを先生と呼ぶ別世界

復興の名前に隠れ無駄遣い

国の首締めても官僚生きてゆ ....
それぞれの許されない世界は
こまるかもしれない

パートのないオーケストラは
ハーモニーを奏でない

ぼくは遇いたくない人間にはあいたくないと
思っている動物

話したくないのはぼく ....
旅立ちの原点そっと触れる爪先

手のひらに残ったものをかぞえる秋

虹のこびと遠く笑ってさかだちしてる

年月の更けゆく日々に聴くラフマニノフ

宇宙翔けるもの星座のしずく夜に流れ
 ....
発酵と腐敗は兄弟で
人間生活に有用なものは発酵
有害な場合を腐敗というらしい

母の遺産のふるーい缶詰がある日でてきた
台所のすみで静かに時を過ごして
僕と対面したわけだ

すでに缶は ....
ありあわせのもので生きてゆく
冷蔵庫のなかにはあるいはいえのなかには
備蓄したもののない

こってりとした愛とか
ささくれだった笑いとか
スパイスをきかしたつもりの人造サラダ

気 ....
詩って詩の手引き書読んでもあんまりわかりませんよね。
漠然とした想いをのせたメッセージかと僕は思っています。
絶望と希望の振幅の間のすべてが、詩に思えます。

できれば排斥とか限定とかあまりな ....
鳴っている時の谷間に銀の風鈴

指とゆびはかった遠さに秋深まる

いまだって氷河時代とナウマン象

秋待たず逝った母の置手紙

自由という名の束縛それが恋

テクノポリス独り歩くて ....
にわか雨待つ軒下にいっしょのこおろぎ

銭湯のコーヒー牛乳遠いなつそして母

小さな手つないだ先の忘れていた秋

あくびして見上げたそらのわたぼうし

変化するじぶんにつかれてハーブテ ....
世界はやわらかにほほえむ
鋼の構築物は弾力の支点
ぼくたちの内骨格は紅色のスプリングで飾られて
秋の街を歩く

体の直線軸上で世界は右と左に分かれ
感覚器は集中制御室の周辺に配置され
排 ....
浅漬けのみずみずしさに添えた愛

藍色のなすの深みに更ける夜

やさしい夜芋焼酎に月映る

月わたりゆずの香りの君が居て

君知らず白菜のしろのしたたかさ

米麹べったら漬けとなじ ....
僕たちの隙間を埋めるもの
呼吸という反抗
理性という堕落
そしてしなやかな悪意
僕たちはかつての関係を修復することはできない
それは時間に奪われたから

関係は必ずしも修復を望まない
ときに修復は困難をともないその努力を裏切るもの

すべてのものすべての凍った息を溶か ....
遠いおとこころの音と聞き違えふと振り返れば下りの電車

陸橋を登らずまわる踏切のむこうにみえるあしたの尻尾

高崎から都心をむすぶ銀の矢の止まらぬちいさな駅にたたずみ

湖にうつる一日なが ....
今畜生と思いながらも正すひげにゃ

生い立ちを考えずともいまだって野良だにゃあ

魚なんて人間が決めた好物だわさ

本当の猫のゆめをみたいよる

ブロック塀も少なくなって歩きづらいにゃ ....
その夜そらは光の雨で満たされて
彼方の丘の上にまたひとつ星が突き刺さり
まるで堕ちてゆく天使のようにうたいながら
ことばのかけらのように降り続けるのです

こえにならない声がきこえて
胸を ....
僕らのみている世界が正立像だなんて
根拠のない迷信なのかもしれない

大地は空で重々しく草も生えているし
空は大地で星が涼やかに流れている

僕達は倒立した空の道を車で走り回り
42.1 ....
それは遠い呼び声だった。
かすかに愁いを帯びた紙片の様にかさこそと空気のへりを伝わって忍び寄るなにかの気配がこのところ僕の耳元にすみついているみたいに。

五感に走る刺激がなければ自らを認識でき ....
 クリスマス

この街にはいつものように雪のないクリスマスがやってくる。
光のクリスマスツリーが恋人たちの想いをたかぶらせる季節だ。
レストランの窓越しのほかの世界の絵のように映し出されるざわ ....
散らかった新聞紙やカップヌードルの食べ残しに紛れて
暗号が見え隠れするこの部屋で心の銃をみがく狙撃手
ぼくらは思想をもたないトラブルメーカー

いまさら乱数表でこの世界のキーワードがやりとりさ ....
愛ってたちのよい錯覚ならばそれも素敵な贈り物だね

愛にも慈悲にも権威なんて要らないんだとふと思う

愛なんてなかったという君を思い出にする僕のわがまま

彼女はいつも体と心を売り渡し ....
梅昆布茶(1023)
タイトル カテゴリ Point 日付
世界のなまえ自由詩1912/10/8 2:42
生活者のうた散文(批評 ...21*12/10/6 20:04
目覚めゆく街自由詩15+12/10/4 23:18
所属しないうた自由詩28+12/10/3 3:23
浸透圧の恋短歌312/10/3 2:03
昭和遺文自由詩1612/9/30 11:53
彼女の箴言集川柳912/9/29 16:31
秋の日誌短歌312/9/29 15:51
霊園の蝶携帯写真+ ...1412/9/27 0:09
脱皮の記憶自由詩1812/9/26 21:48
へっぽこ川柳川柳412/9/23 10:25
とぐろのなまえ自由詩1012/9/23 7:10
宇宙翔けるもの川柳512/9/23 2:04
台所のかたすみで自由詩10+12/9/22 22:08
やきそば自由詩1312/9/21 21:26
ちょっと思うこと散文(批評 ...19+12/9/16 13:33
秋の風鈴川柳312/9/16 3:47
ゆるやかに川柳212/9/16 2:59
サイボーグの秋自由詩912/9/15 3:23
漬物生活川柳1012/9/15 2:05
密着自由詩812/9/13 2:34
修復自由詩1112/9/13 2:19
夕暮れじょうず短歌512/9/10 19:42
自己憐憫の猫川柳712/9/9 5:33
流星群自由詩1912/9/9 3:55
屈折点自由詩1612/9/6 19:52
オートマトンの夢散文(批評 ...112/9/5 21:52
短い季節たち散文(批評 ...512/9/2 7:00
さいごの狙撃者自由詩2012/9/1 2:25
ただ愛のために短歌1212/8/28 18:30

Home 戻る 最新へ 次へ
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「世界のなまえ」から「ただ愛のために」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.5sec.