.
―――― よくわかる話です。私も、ごく身近に性暴力被害に遭った人を知っています。彼女たちがその後どうなるのかは、体感的にわかっているほうだと思います。 従軍慰安婦という性暴力の極限的な形態を経験 ....
.
 1対1で元慰安婦から話を聞くのが大きいんだと思います。記者会見とか公開法廷での証言ではダメです。頭脳で理解したことを心で感じとれる方ならよいのですが、多くの日本人はそうではないのでしょう。まぁ ....
【前注】以下は、ある場所での会話。私の発言は原文のまま。相手の方の発言は、特定を避けるために用語・表現を改変した。

     ◇     ◇


―――― フェミニストやリベラルが、「朝鮮 ....
.
以下において、私が書こうとしているのは、2つの言葉の来歴と、それにまつわる私の個人的体験である。

本稿は、上記「報告書」の当不当について論ずるものではなく、朝日新聞の報道や、報道の対象にな ....
 .
真白いカンバスに、チューブから捻り出した絵具を
まず叩きつける。これがぼくの描き方、原色のまま
何色も何色も叩きつける。赤とみどりがぶつかって
悲鳴を上げている。かまいはしない。良いてん ....
     {引用=───さをさすみなもに
   あをきうを}
そうやって押入れの奥に挟まっていた紙を展げてみれば
かつては地図だったらしいだだっ広い切れ端の
ふちは褐色にすりきれ折り目に穴があ ....
ぼくの手には枯れた花束が握られている
ドライフラワーと言うにはあまりにも古びて褐色に焼け
死滅の象徴のように脆く硬く固結して動かない
重さのないその花束を捧げぼくは丘に立ちつくす
過去を懐かし ....
安心だ
事故が起きたら
「想定外」
 .
雨の日に四角く剪り獲られた白い雲
井壁の底 筒のように覘く遠いそら
{ルビ谷頭=やがしら}の涌水はいまも盡きることなく溢れ
あの日の涙のようにわたしたちを盈たす
 .
からす飛び野は ....
 .
閉め切られた扉が白く光る
神は要らないと古い書物はおしえる
きみたちの歩行 悪寒 口笛
そしてひとつの鼓動と
またひとつ滲み出す苦い汗と
きみたちサットヴァのカルマンが
もうひとつ ....
.
Oさんに関して早大が博士号取り消しに関する決定をしたということで、またもやこのニュースが世間を賑わしているようだ。

自分の感覚としては、今頃になってこんな決定をするのは遅すぎるという感じが ....
 .
それは風のようにわたしに入りこみそしてふきすさんだ
なにもかも捨てされと命じなにもかも奪い去ろうとした
わたしはそのざらざらしたふとい幹を両手でつかみ
からだは折れた枝のようになびいた
 ....
 .
ぼくをここに最初につれてきたひとは絵かきだった
ラブホの裏 どぶ沿いの小径をとにかく奥へすすむ
落ち葉とぬかるみで滑り落ちながら昇ると尾根道になる
しばらくしてふるい木のベンチと道標があ ....
 .
いびつだというのがわからないな
出るたびにきになってじっとのぞくのだけれど
あれははじっこが靄か闇に突っ込んで
隠れてるようにしかみえないんだ
 .
あるいはそらのあおにやられてとけ ....
 .
なつかしい匂いは場所が覚えている 線路の隈が匂いたたせるのか
それとも地名がわたしの古いニューロンを刺激するのか
アスファルトの箱庭にされてしまっても場所は記憶を失わない
律儀につながっ ....
.
月が出れば岸辺は雪景色 いや霜か いや鹹湖の塩か
流沙八百里 蜃気楼のように水面が光る といっても
むかしからそういうことになっているのだから
しかたがない

 ‥キイコキイコ

 ....
.
いざよひに遊ぶ視線をひらめかせ
まろきもの憎むきみぞ恋しき

ひさかたのあしたに消ゆるいざよひの
みちたりぬ{ルビ角=すみ}思ふわれかも
.
.
   【8】 沈黙のエクリチュール


   下書稿(三)手入れ(3) 〔A〕+〔B〕

    なだれ    (了)

 塵のごと小鳥啼きすぎ
 ほこ杉の峡の奥より
 あやし ....
.
   【7】 災害と隠蔽


   下書稿(三)手入れ(2) 〔A〕+〔B〕

    なだれ

 若き母織りし麻もて
 身ぬちみな紺によそほひ
 藁沓に雪軋らしめ
 笛吹き ....
.
   【6】 笛吹き少年の伝説


   下書稿(一)手入れ(2)〔A〕

 若き母や織りけん麻もて
 全身紺によそほひ
 藁沓に雪軋らしめ
 町に出で行く少年あり

 青き ....
.
   【5】 歌のわかれ


   雪 峡{注=下書稿(四)手入れ(2)。ルビはすべて編集者。}

 {ルビ塵=ちり}のごと小鳥なきすぎ
 ほこ杉の{ルビ峡=かひ}の奥より
 あや ....
.
   【4】 白金環と白金黒


   雪 峡{注=下書稿(四)手入れ(2)。ルビはすべて編集者。}

 {ルビ塵=ちり}のごと小鳥なきすぎ
 ほこ杉の{ルビ峡=かひ}の奥より
  ....
.
   【3】 あやしくも鳴るやみ神楽


   雪 峡{注=下書稿(四)手入れ(2)。ルビはすべて編集者。}

 {ルビ塵=ちり}のごと小鳥なきすぎ
 ほこ杉の{ルビ峡=かひ}の奥よ ....
.
  {画像=140906170826.jpg}

   【2】“永久の未完成これ完成である”


文語詩に限らず、宮沢賢治の作品(短歌、詩、童話、散文等)は、大部分が自室にひとまとめに ....
.
結論から言いますと、現在までのところ、

「羅須地人協会」と満蒙開拓移民団との直接の繋がりを推測させるような資料は見出されておらず、
両者のあいだには繋がりは存在しなかったと思われます。
 ....
   【1】 文語詩から口語詩へ、ふたたび文語詩へ


さいきん、宮沢賢治の文語詩が、再評価されています。

文語書きの賢治詩といえば、例の「雨ニモマケズ」があまりにも有名ですが、こ ....
.
熱は下がったのだろうか夜半過ぎ
冷蔵庫から出した牛乳の上に等量のコーヒーをおとす
流しに重ねられたポルツェランはなんども水をかぶったから綺麗にひかっている
蛇口をひねりたいがひねらない
 ....
.
小学校に上がったころだろうか、もうちょっと前だろうか‥
家の近くのターミナルにあった工場の塀に、この文字が平仮名で大きく書かれていたのだ:

  にたよるな

ぼくはそこを通るたび、お ....
あまあしは まっすぐにおちる
あまあしは ななめにおちる
あまあしは 屋根におちる 路におちる 黒い蝙蝠におちる
きみにおちる ぼくにおちる きみの髪の毛をぬらし 脚をぬらし ぼくのかたとうでと ....
.
縁切り寺 並んで手合わす片われの メサイアに遭遇した笑み
.
Giton(193)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
宮沢賢治詩の分析と鑑賞文書グループ14/10/2
投稿作品
慰安婦の強制性に関する会話 (3)散文(批評 ...1*17/5/23 15:15
慰安婦の強制性に関する会話 (2)散文(批評 ...017/5/23 15:13
慰安婦の強制性に関する会話 (1)散文(批評 ...017/5/23 15:09
「従軍慰安婦」と「挺身隊」──────朝日「第三者委員会報告 ...散文(批評 ...1*14/12/24 2:18
ぶっつけて未詩10自由詩3*14/11/15 15:03
河谷自由詩4*14/10/28 10:33
自由詩1*14/10/25 8:30
安全だ川柳0*14/10/23 17:27
散策自由詩5*14/10/16 21:16
カルマン(ごう)自由詩1*14/10/10 3:19
小保方さんと二つの条件散文(批評 ...1*14/10/8 15:57
はるかな日自由詩3*14/9/24 23:50
美術講師自由詩4*14/9/23 18:13
廿三夜自由詩3*14/9/21 11:57
平成26年の彼岸花自由詩4*14/9/13 8:44
“5時からサイクリング”で夜になった自由詩1*14/9/12 21:28
十六夜2首短歌3*14/9/11 9:11
笛吹き少年の行くえ(8)[group]散文(批評 ...2*14/9/8 17:08
笛吹き少年の行くえ(7)[group]散文(批評 ...1*14/9/8 9:11
笛吹き少年の行くえ(6)[group]散文(批評 ...1*14/9/8 4:35
笛吹き少年の行くえ(5)[group]散文(批評 ...014/9/7 16:38
笛吹き少年の行くえ(4)[group]散文(批評 ...1*14/9/7 6:32
笛吹き少年の行くえ(3)[group]散文(批評 ...3*14/9/6 21:17
笛吹き少年の行くえ(2)[group]散文(批評 ...5*14/9/6 16:37
「羅須地人協会」と満州開拓団との繋がりについて(ノート)[group]散文(批評 ...2*14/9/6 6:25
笛吹き少年の行くえ(1)[group]散文(批評 ...3*14/9/5 17:49
ぶっつけ未詩 9自由詩4*14/9/3 0:35
ぶっつけ未詩 8 (煮たヨルナ)自由詩5*14/8/31 7:18
朝の雨は自由詩5*14/8/28 6:23
ぶっつけ未詩 7自由詩0*14/8/23 2:27

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 
0.59sec.