フォーラムの投稿を見ると、ぽつりぽつりと釣り関係の書き込みがありますので立ててみました。
釣りをしていると詩が浮かんできそうな気がする、やったことないけど面白そう、最近ダンナが「チヌのノッコミが」と ....
 しとしとぴっちゃん
 しとぴっちゃん
 ドピーカンの
 真夏日に
 カランカランの
 真夏日に
 何故だか投げる
 しとぴっちゃん
 平和な水面
 飛び越えて
 はるかかなたで
 ....
乱反射している
ガラス窓の向こうで
少女たちが
アイスクリームを待っている
滑りのよい
よく手入れされて
磨かれた
頬を
右に左にさせるたびに
光の向きが
チカリ
チカリ
と変 ....
 雨粒よ
 溶かしこんでおくれ
 流して
 運び去っておくれ
 塵状となって
 わたしたちを取り囲む
 不安や哀しみの全てを
 
 肺胞の奥底に
 堆積させて
 その重みに
 身 ....
 殻光る
 殻光る
 アブラナの
 葉の裏で
 すっくと
 立った
 米粒が
 濡れている
 光っている
 きらめいている

 殻光る
 殻光る
 陽の光の
 裏側で
  ....
 その人は
 肉うどんだった
 
 いつも
 
 どんなに
 美しい
 品々が
 お品書きを
 彩っていたとしても
 頑なに
 力こぶよりも
 頑なに
 
 磨き忘れられて ....
 流れ星
 ひとしずく
 ほほを伝わり
 落ちてった
 鈍い光
 ちかりと
 咲いて
 掌の上

 どん
 ぴっちゃん

 流れ星
 ひとしずく
 爆ぜて
 飛び散り
 ....
 台風というやつは不思議なやつである。その風雨の強さは恐怖を感じさせるとともに、何かしら神秘的な力の強大さを感じさせるものがある。
 だからなのであろうか、台風は特撮映画や番組においても重要 ....
むかし、むかぁし

ある山に与一郎という木こりが住んでいた。
さびしい森の中に家を建て、家族もなく一人で暮らしていた。
ある日のこと。与一郎が仕事を終えて山を下っていると。一匹の若い狸が道に ....
 エイヴォン川のグレイリング達のことを想うと抑えきれなくなって、私は竹竿を手に取った。フランク・ソーヤーは嫌っていたが、私は彼女たちの妖美な姿に骨抜きになっていた。
 いつかバイカモ達が茂る川辺に立 ....
入道雲が街を洗う準備に追い立てられている頃、彼女は無言でテーブルに向かった。まるで決められていたように奥のテーブルにまっすぐ向かうと、パーテーション代わりのプランターを背にして座った。後からわかったこ .... 必然を失っていた

逃げ水を
振り返ることも
なくなっていた

明日やってくる
昨日に
なにがあったのかも
思い出せないようになっていた
なにがあったのかも
気にならないようにな ....
トモに
だるまが鎮座している
友はなく
お互い
一人で
じっと
鎮座している
お互い
なにも
語らずに
じっと
灰色の
海面の
糸が沈んでいるであろう
方向を
じっと
 ....
細い
溝のような水路から
船に乗せられ
どんぶらこっこ
どんぶらこ

狭くて
広い
黒い
ダンジョンの様な海
初めての
魚を求めて
どんぶらこっこ
どんぶらこ

青イソメ ....
室戸岬の
先端に
向かって手を
ふってみた
室戸岬の
先端からは
ぜったい
見えやしない
この
ちっぽけな
沖堤防から
恥ずかしいから
声は出せないが
こころの
こころの
 ....
直七が
転がっている
道をぬける
ぽっかりと
あいた
筍の跡地は
そのままになっている
五月からずっと
ちらほらと
落ちた
つつじの花弁は
じっとりと
しみている
ぽつん
 ....
たまには
こっそり
味噌ラーメン
一人
かくれて
味噌ラーメン
仕事の合間に
移動の途中に
立ち寄り
すする

たのむのは
いつも
同じメニューのはずなのに
メニューブック ....
面倒くさがりの
私は
車の運転中も
ラジオもつけず
あるいは
機器媒体を用いて
音楽をかけることもない
家に帰っても
音楽や
あるいは
音声関係の類を聴くために
スイッチを入れる ....
 老舗の店が
 建っていた
 老舗の店で
 買い物をした
 老舗の歯医者で
 口の中を血だらけにした
 はずであった
 ように思う
 が

  赤土が
  むき出しになった
  ....
  乾いて
  ひび割れていた
  土の上に
  種子の上に

待っていた
待っていた

  水が

待っていた
待ち望んでいた

水が
今年も
やってきた

乾いて ....
雨水
泥水
ダダダダダ
削って
まいて
絡まって

雨水
泥水
ダダダダダ
叩いて
はがして
ダダダダダ

あれが
これが
流される
削られ
剥がされ
流される
 ....
紫外線に
焼かれ続けて
色褪せた
生活の数々が
焼かれ続けて
ぼやけた
台詞の数々が

  流れ着いて
  さらされて
  流され出されて
  打ちつけられて
  砕かれる
 ....
かつて
ともに歌った
歌の
楽譜のページが
にじんで
黄ばんで
ぼやけたとしても
私のことを
呼び捨ててくれる
あなたの声は
変わらぬ
大きさで
私の背中叩く

かつて
 ....
船は急ぐ
港への帰路を
引き波たてて
薄暗くなった
海岸に
一つ
二つと
明かりが灯る
薄暗くなった
空の中
一つ
二つと
星が灯る

引き波が
音をたてて
通り過ぎる ....
     ブラック企業
     ホワイト街

熟睡することを
否定され
今日も
電源ケーブルが
悲鳴をあげている
熱を出して
膨れあがっている
ツイストペアケーブルが
ねじれて ....
  飲みに行こうかと
  誘う相手がいない
  飲みに行こうと
  する時間がない
  電話をしてみる
  相手がいない
  メールをしてみる
  理由がない

    結局
   ....
  粘度の強い
  溶液に
  巻き込まれて
  もみくちゃにされて
  背中を押されて
  バランスを
  崩しながらも
  前には進む

  粘度の強い
  溶液の
   ....
何年ぶりだろう
飯を炊くのは

湿った摩擦音が懐かしい
粉っぽい水の
ぬるぬるとした
妙な
温かさが
ありがたい

かつて
こうして
飯を
炊いたものだった
毎日というわけ ....
曇天の
暗い空の下
巨大な
双曲線が
空に食い込んでいる

領域は
黒く塗りつぶされている
漸近線は隠されている

  漸近線の
  その下に
  ゆっくりとおろされた
   ....
音がする
夕立の
音がする
慌てふためく
声が聞こえる
慌てふためく
足音が
雨の音にかき消される

無人の道に
雨が叩きつける
地上にたまっていた
堆積物を弾いて
空中にま ....
温めないでください
ぼろが出てしまうんです
ぼろぼろになってしまうんです
不必要に熱くなって
不必要に口の中でちくちくと刺しまくるんです

冷たいままにしておいてください
それが
決し ....
北村 守通(231)
タイトル カテゴリ Point 日付
会議室スレッド
釣りスレ会議室17/1/13 0:32
文書グループ
提言文書グループ09/3/30
投稿作品
しとしとぴっちゃん自由詩0*20/9/27 7:31
窓際での軽食にて自由詩220/9/13 21:34
 雨乞い自由詩120/4/12 23:06
アオムシ自由詩320/4/4 19:34
肉うどん自由詩419/9/10 10:11
流れ星自由詩219/8/15 15:31
颱風と怪獣散文(批評 ...0+*19/8/14 11:48
次郎狸散文(批評 ...019/8/8 1:01
再び巻き始めた釣意散文(批評 ...219/7/14 14:00
入道雲が立ち去る頃散文(批評 ...1*19/6/27 11:52
忙殺自由詩119/3/18 0:34
鰈乗合船自由詩219/1/17 12:38
夜メバル乗り合い船にて自由詩019/1/14 21:33
室戸岬自由詩118/12/31 1:06
墓掃除にて自由詩318/12/31 0:56
道草自由詩018/10/18 1:46
過程についての説明的文章自由詩1*18/8/24 1:15
再開発自由詩218/8/16 12:18
蘇る用水路自由詩218/5/2 10:41
   浸食作用自由詩318/4/26 0:37
マイクロプラスティック自由詩217/11/24 11:23
大学時代の先輩と飲む自由詩2*17/11/22 1:40
防波堤の暗転自由詩217/11/15 0:59
過労市自由詩317/8/26 0:47
余暇自由詩117/5/8 0:09
分岐自由詩017/5/7 0:09
スポット自炊自由詩417/1/10 0:49
大山自由詩217/1/4 0:54
夕立自由詩516/8/14 0:39
べんとう自由詩416/5/10 0:22

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「しとしとぴっちゃん」から「べんとう」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.26sec.