触れそうに近かったあの日
話の接ぎ穂は見つからなくて
別れた後に思い出し
改札の向こうを振り返る

夜毎広がる星空のように
寄せては返す波のように
君みたいな人が現れて
 ....
君は孤高の城砦に篭り
アメリカンコーヒーを片手に
砂時計を睨みつつ
夜空に浮かぶ星々の軌跡を追う

君は数式を解いて
混沌に秩序を
偶然に法則を
変化に予測可能性を
無数の仮説を検証 ....
あなたの苦しみは、誰かを助けている。
起こってしまったことは変えられないけど、
その意味を変えることはできる。

壊れそうな夜に、話を聞いてくれた人。
決して否定しなかった人。
 ....
昔からの友達は
あの夜ひとりの男になって
私はそれに戸惑って
言葉の刃を投げつけた

肌と肌で交わす何かに
身をゆだねるのは怖かった
あの日のあなたに逢えたなら
どこからやり直せばいい ....
日が暮れたあとの海岸は
月に映える波とまだ暖かい砂
泡立つ波がレースのように
波打ち際を白く飾る

肩越しに見えた打ち上げ花火
風に乗って来た歓声と
建物から漏れる無数の明かり
夜 ....
顔も思い出せない人だけど
その声も聞けないけれど
もしも叶えられるなら
せめてその眠りを妨げるものから
あなたを守りたい

言葉が溢れて眠れぬ夜には
その話をただ聞いてみたい
あなたが ....
あなたに会いに行くの
目覚ましより先に起き出して
まだ暗い夜明け前
雨もまだ止まないけど
大好きな曲を聴きながら

あなたの笑顔が見たいから
決めたことははひとつだけ
チ ....
どこまでも続いていた
白い砂浜と打ち寄せる波
柔らかい春の日差しと頬に触れた潮風
逃げるように訪れた街で
あなたをただ忘れたくて

海岸沿いのまっすぐな道を
すれ違う家族連れ
手を取り ....
ひとりごとを呟きながら
誰もいない部屋に戻り
今日会った人のことを思い
誰かの気持ちを推し量って
どうでもいい話を熱心に聞いて
そんな日々を繰り返して

グラスに浮かべた氷が ....
部屋に明かりを灯す人もない
窓から西日が差し込むだけ
夜更かしを誰も咎めない
そんなひとりの週末はただ
遠いあの日の記憶をたどる

不器用な子どもをあやすよう
怖がらないでと小さな声で
 ....
波打ち際に立つホテルで
あなたをただ待っていたい
薄暗いバーのカウンターで
透ける尾を揺らす熱帯魚と
ピアノが奏でるゆるやかな旋律と

ガラス張りの大きな窓からは
海とまたた ....
bjorn(11)
タイトル カテゴリ Point 日付
東へ自由詩3*07/6/17 21:56
君は自由詩3*07/4/21 23:07
忘れないように。自由詩1*07/1/9 22:41
あの日のあなたに逢えたなら自由詩2*06/7/30 17:41
まるで潮風のように自由詩9*06/7/28 20:09
優しい人へ自由詩4*06/7/25 22:01
あなたに会いに…自由詩4*06/7/21 22:27
遠い街から自由詩7*06/7/19 23:25
我を忘れて自由詩2*06/7/18 22:48
冷たい雨の降る夜に自由詩3*06/7/17 22:29
波打ち際のホテルにて自由詩7*06/7/17 21:12

Home
0.23sec.