{ルビ妻=さい}と二人で買物に出たのだが、{ルビ目當=めあて}の物が一向に{ルビ見附=みつか}らず、仕方無しに戻つて來た。
 どうにも殘念に思はれたが、今日は{ルビ祝事=いはひごと}の日なればとて ....
 狛犬の足下には

 {ルビ數日來=すじつらい}

 僕が供へた御賽錢が{ルビ其儘=そのまま}光つてゐる



 坂を上ると

 今日は

 彼方に遙か富士の白峰が覗いてゐる
 ....
  鯛を釣らんと埀してみたが雜魚も寄らいでまたばうず




  下手の橫好きはうぐわんびいき足すの印に雜魚の引き
  枝一杯に金木犀の花粒


  長雨


  香りを堪能する閒もなく――


  降りつづく雨


  雨粒はひとつひとつ
  幽かな鼠色を抱へる


  粒は

 ....
 昨日の金曜日、一日休みを貰った。
 朝七時頃、{ルビ妻=さい}と一緒に家を出て、まずは近所にある馴染みの鎮守に詣でた。
 少し石段を上ると鳥居のやや手前で、弘化年間に作られた、僕らより随分と年嵩 ....
 窗の外

 そほふるあめ 小糠雨
 軒深ければ硝子に水は凝りません

 テエブルには象牙の小筐
 ひいさまのくだされもの

 蓋を開けると 曼陀羅華の實

  四つに裂けた口 ....
〇 月草の靑き{ルビ蝶=ひゝる}の{ルビ群咲=むらさ}くを{ルビ妻=め}と辿る{ルビ逕=みち}人にも逢はなく


〇 {ルビ象=きさ}の仔のやはらに伸ぶるはな先に{ルビ觸=ふ}るゝ靑かも ....
{引用=
【長歌】


 {ルビ曉=あかとき}ゆ {ルビ朝=あした}を待ちて {ルビ家=や}を{ルビ出=いで}て 丘に{ルビ上=のぼ}りて

 {ルビ遠近=をちこち}を {ルビ覓索=まぎ ....
〇 百千の{ルビ舟蟲=ふなむし}{ルビ趨=はし}る{ルビ水明=みづあかり}


〇 {ルビ空蟬=うつせみ}や{ルビ傍=かたへ}に{ルビ郁子=むべ}の{ルビ靑膨=あをぶく}れ


〇 ....
〇 鳥の{ルビ糞=くそ}{ルビ枕=ま}ける涅槃や蟬骸



〇 颶風逸る征伐すべき夷狄とや
〇 敗戰忌ステレオタイプのパシフィスト {ルビ霽=は}れ

{ルビ壯=さか}んな{ルビ熅=いき}れを充溢させ
富士を{ルビ覓=ま}げば
その方角に雲が堆積し



{ルビ而已=のみ} を 投げつける

丘を下り 日蔭
 ....
ふたりぽつちの寂しさは

Agarの殻に{ルビ隱=こも}ります

じくじく滲む怠け汁

{ルビ互替=かたみがは}りに{ルビ傳染=うつ}ります

そろそろ死んでも{ルビ可=よ}いけれ ....
〇 木漏日や{ルビ耳鳴=じめい}を{ルビ埋=うづ}め蟬時雨


〇 題目を愚直に繼ぎて原爆忌


〇 熱帶夜{ルビ耳底=じてい}に{ルビ著=しる}き闇の息
霞んだ空の向かうから風がやつてくる

{ルビ私=わたくし}に向かつて

{ルビ颯々=さつさつ}と{ルビ來=きた}り
今しもぶつかり
tremoloのやうに私を震はせる

その振動ごとに ....
  梅雨    の    晴間

  ヤコブ    の    陛



  耳石がパラパラと舞っている

  パラパラと耳石が舞っている



  人々にも眩暈が感染している
 ....
〇 黑猫のやけに黄なる{ルビ眸=め}明けぬ{ルビ黴雨=つゆ}


〇 {ルビ黑南風=くろはえ}や猫は首のみ藪に{ルビ插=さ}す


〇 との曇り{ルビ蟬聲=せんせい}遠く汽車は來ず ....
{引用=【長歌】

 流さえぬる{ルビ稚兒=ちご}の{ルビ泊=とまり}に{ルビ水漬=みづ}くを悼み詠める歌


 雨去りて 鎭まる{ルビ朝=あした} いと{ルビ柔=にこ}く 日も照り射せば ....
{引用=
【長歌】}

久方の光差入り苦き夢斷たえて目覺む

しらしらと窓{ルビ明=あか}らめば鶯の聲も訪なふ

傍らに{ルビ枕=ま}ける{ルビ吾妻=あづま}は寐息にも{ルビ安眠=やすい ....
〇 {ルビ磯鶫=いそつぐみ}な{ルビ獲=と}りそ獲りそ{ルビ憫=めぐ}しとそなどて{ルビ偲=しの}はぬ{ルビ燕=つばくらめ}の子 〇 何やらん滅却{ルビ徴=きざ}し{ルビ水鷄=くひな}叩く


〇 {ルビ黴雨=つゆ}の川淸濁呑んで{ルビ濁滾=だくたぎ}つ


〇 {ルビ黴雨霽=つゆばれ}や{ルビ草木=さうもく}國土泥 ....
――天火の扉ががちんと閉ぢる

何やら無闇に汗が出る
鄙びた踵からくぐもつた額まで
斷續しながらずしりと重い

よくよく考へてみると
やたらと人と目が合ふのだが
先刻から黑蜜の闇が
 ....
  燕と擦れ違ふ

  蛙の聲を突き拔ける

聯綿と風が觸つて過ぎる
聯綿と風が觸つて過ぎる
聯綿と風が觸つて過ぎる

       車輪の先

      舟蟲 舟蟲
     ....
〇   狛犬の洟水たれて{ルビ蛞蝓=なめくぢら}

〇 {ルビ黑南風=くろはへ}の繁きにけだし遁げ隱れ

〇    化の皮返し{ルビ與=あた}へむ羽拔禽
〇 二粒の紅密やかにやぶ枯らし

〇 葛茂せる岡阜蟬蛻そこかしこ

〇 仰臥して悍然たるや蚰蜒の脛
〇 しじんとはかばねのいひぞさしわける

〇 まねけどもにげてたごにぞころろける

〇 うじやうじやとしじんとぞのるさしたかれ
 寐起きが良くない。加えて、先刻食った飯粒が胃の中でざらざらと冷えている。
 梅雨のこと、外は蕭条たる雨。
 雨具に身を包み仕事に向かう。

 自転車をぼんやりとこいでいると、右のこめかみが鈍 ....
〇 密書にて性根吐露せり袋蜘蛛

〇 岡惚れや籬のあたり守宮啼く

〇 閒缺のしほのたぎちや皐月闇

〇 拔頭面鼻のうちなる黴ぬぐふ
 密岡という人 https://archive.is/5yIfg が、このところ拙作などにしきりに評を寄せている。

 直治氏の作品「インソムニア」に対する密岡氏の評https://archive ....
〇 覆面のうら密やかに蛆の這ふ

〇 指しもせで岡目八目竹牀几

〇 的外し衒學燃ゆる{ルビ蟲篝=むしかゞり}

〇 宗匠の手竝拜見{ルビ蒼朮=をけら}燒く

〇 {ルビ黴雨濕=つゆじ ....
孤蓬(508)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
◆ —妖異譚— ◆ 文書グループ20/11/21
◆ —鯨飲馬食— ◆ 文書グループ20/10/3
◆ —わらはべうた— ◆文書グループ20/8/8
◆ —断片集— ◆文書グループ20/5/5
◆ —たまきはる— ◆ 文書グループ20/3/28
◆ —Ошка— ◆文書グループ18/4/29
◆ —クヮヰド— ◆ 文書グループ18/1/6
投稿作品
作文讀(さくぶんよみ)[group]散文(批評 ...120/11/21 7:56
二の酉自由詩520/11/15 8:04
あし立たぬ瀨の葦笛イハホ 【都々逸】伝統定型各 ...020/11/9 21:45
しんしんと鼠色が浸潤する自由詩320/10/10 8:44
鯨飲馬食―上り坂の半日[group]散文(批評 ...8+20/10/3 14:44
曼荼羅華自由詩220/9/26 12:08
月草短歌220/9/13 12:34
奉冀鎭颶風伝統定型各 ...320/9/6 10:04
靑膨俳句120/8/28 19:48
涅槃俳句120/8/26 19:46
敗戰忌俳句120/8/15 17:03
盂蘭盆自由詩120/8/14 13:51
二人簑[group]自由詩320/8/8 6:52
原爆忌俳句220/8/6 20:05
稀釋自由詩220/8/4 18:23
文脈と示唆の教誨自由詩320/7/25 10:06
汽車は來ず俳句520/7/22 20:05
流さえぬる稚兒の泊に水漬くを悼み詠める歌伝統定型各 ...320/7/17 21:06
早朝安閑伝統定型各 ...120/7/14 21:54
な獲りそ獲りそ短歌120/7/12 9:42
憂曇華俳句320/7/10 17:42
天火自由詩220/7/5 20:39
自轉車と風或いは舟蟲自由詩220/7/2 20:44
羽拔禽俳句120/7/2 18:15
仰臥悍然俳句120/7/1 18:28
許呂呂岐弖俳句120/6/30 22:27
雨の金魚自由詩320/6/28 10:53
皐月闇俳句120/6/27 8:31
密岡氏の鑑賞眼散文(批評 ...120/6/27 4:53
蒼朮を燒く俳句1+20/6/24 18:36

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「作文讀(さくぶんよみ)」から「蒼朮を燒く」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.