萬物の{ルビ靈長抔=れいちやうなど}といふ{ルビ僭=おごり}に
{ルビ天譴俄=てんけんにはか}に{ルビ臻=いた}つてゐる時勢

相も{ルビ變=かは}らず

二人組は
こそこそ世閒から顏を背 ....
{ルビ四圍春陽盈盈=よもにはるひみちみち}

{ルビ櫻花開始漸漸=さくらやうやくさきそむ}




{ルビ樹下在長椅=こかげにすわり}

{ルビ樹上啼鳥聲=とりのうたをきゝつゝ}
 ....
ddddddddddddddddd

Zahouliはシシ神
シシ神はZahouli

或いはカセ鳥

kakakakakakakaka

カセ鳥はボゼ
ボゼはカセ鳥

或いは ....
木蘭の花びら

と思つたら
捨てられたマスクだつた

{ルビ傍=そば}には{ルビ本當=ほんたう}の苺が咲いてゐた。

薄雲を透かせて
朝の月
 の左の頰が{ルビ瘦=こ}けてゐる

 ....
{ルビ亂雜=しどろ}に打寄せらるゝ{ルビ襤褸=らんる}

         {ルビ塵芥=ぢんかい}


 {ルビ陸=くが}と{ルビ洋=わた}との境の

 ぺらぺら{ルビ蠢=わがめ}くを
 ....
埋めたのはどうやら僕らしい。

黴のような匂い。
どろまみれ。

Mockingbirdが鳴いて

霽渡った星空だったような
そうではなくて
一面の薄い雲に
月が透けて見えたような ....
かはほり かはほり

     飛ばふ宵



椎の{ルビ洞=ほら}には {ルビ鼯=もま}の雛



土の{ルビ洞=ほら}には {ルビ貒=まみ}の雛



かはほり かはほ ....
{ルビ七=なゝ}クロウリエの道のり



うす{ルビ翠=みどり}色の鱗を



いちまい いちまい

散らしながら



三本脚のおまへが這つて行く



蜜蠟のや ....
{ルビ線路=レイル}の軋み



林立する脚

羊皮紙の鞜



{ルビ碧翠=あを}の{ルビ羅襪=ストキング}は所々{ルビ解=ほつ}れ

{ルビ細踵=ヒイル}の先がだいぶ潰れて ....
トンネルの中は思いのほか明るい。

狭い路側帯を魚になって辿るのだが、
裏道だというのに、随分と車の通りが多いのだ。

魚はやけになって大声で{ルビ臨津江=림진강}を歌う

{ルビ世永= ....
{引用=【長歌】

「參詣都萬宮作謌一首并短謌」

{ルビ都萬=つま}の{ルビ宮=みや}に{ルビ參詣=まゐい}で{ルビ作=つく}れる{ルビ謌=うた}{ルビ一首=いつしゆ}{ルビ并=あは}せて{ ....
  あふさかはけだにけぬべきふかやちをねるをこづれぞよたびをまろぶ




〇 {ルビ逢坂=あふさか}は{ルビ日=け}だに{ルビ消=け}ぬべき{ルビ深谷=ふかやち}を{ルビ練=ね}る{ルビ痴 ....
〇 {ルビ反吐食=たぐりを}す{ルビ烏=からす}の{ルビ嘴=はし}の{ルビ黑嘴=くろはし}の{ルビ黑=くろ}くあらなく{ルビ反吐=たぐり}に{ルビ染=そ}めば 幾つかの{ルビ隧道=すいだう}を{ルビ濳=くゝ}つたと思つた

{ルビ颶風=ぐふう}の本體は何所迄近附いたやら

空は存外晴れて
{ルビ天道=てんと}はかんかん照らし
{ルビ蒸=うむ}され ....
{引用=
{ルビ予兆=きざし}


竹林は蝟集して足を踏み入れる隙もない

幾本かは
折れたり割れたり

色も形も
てんでに狼藉を極め

風がどつと吹く程に

{ルビ互= ....
{引用=
  {ルビ代々胤=よゝつ}がへる節に詠める

〇 {ルビ畿外=とつくに}は{ルビ龍眼=みめ}に映らね吾が{ルビ御宇=みよ}は{ルビ戰亂=いくさ}無しとや{ルビ宣=の}らせたまへる
 ....
〇 寄附けぬ藪に苺の花ざかり

〇 漣に入日照らしめ春の浦
〇 {ルビ紅脣=こうしん}に{ルビ紛紜纏綿=ふんうんてんめん}{ルビ木蘭花=ムーランフア}

〇 花韮や隱しおほせぬ{ルビ氏素性=うぢすじやう}

〇 菫無くムスカリばかり{ルビ濡=そぼ}ち咲 ....
〇 {ルビ綠啄木鳥=あをげら}を二聲聴くや{ルビ木蘭花=もくれんげ}

〇 早足も三歩を戻す姫すみれ

〇 一線の霞を具して山染まる

〇 苺咲き蟲{ルビ儼=いかめ}しく臀を振る
○ 花吸うて生くる涅槃の輕ろみ哉

○ {ルビ鈍色=にびいろ}に{ルビ茱萸=ぐみ}堅くして山ひとり

○ {ルビ曉鶯=げうあう}や{ルビ峪閒=たにま}に月のとほしろき

○ {ルビ曲徑 ....
     {ルビ無患子=むくろじ}


  {ルビ金色=こんじき}の{ルビ玻瓈=はり}ギヤマンの

  {ルビ核=さね}たゞかたく濃く{ルビ黑=くろ}く

  {ルビ天地=あめつち}{ル ....
ありでありんす ありがたや

ありやなしやの あだばなの

あすをも知れぬ ありさまは

あけくれ飽かぬ あそびごと
               
〇 赤ぐろき一輪のつと寒椿

〇 山ぎはの入日の{ルビ名殘=なごり}寒の浦

〇 梅の{ルビ與=むた}苺早咲き{ルビ山路=やまぢ}暮る
〇 {ルビ柞葉=はゝそば}の{ルビ母刀自=はゝとじ}{ルビ思=も}へばをばねなる{ルビ芒=すゝき}の{ルビ綿穗=わたほ}{ルビ湧水=わきみづ}の芹 〇 {ルビ栴檀=せんだん}や目にけざけざと鈴の音

〇 {ルビ菝葜=さるかけ}の葉は飴色に日は{ルビ温=ぬく}し

〇 {ルビ萩=はぎ}咲きし道やはさうな{ルビ芒=すゝき}の穂

〇 遊具 ....
〇 人採らぬ熟柿に目白{ルビ十=とを}ばかり

〇 身の丈の熟柿の{ルビ虛=うろ}に目白入る

〇 {ルビ石蕗=つは}の葉に紫式部埀れかゝる

〇 をちこちに{ルビ櫨=はぜ}{ルビ鏤=ちり ....
{引用=
即興にて詠める【長歌】

{引用=
{ルビ參詣=まゐい}づる{ルビ途上=みちすがら}作れる{ルビ謌=うた}一首{ルビ并=あは}せて{ルビ短謌=たんか}

  {ルビ御社=みや ....
〇 子々孫々めでたく裂けて{ルビ蘿藦舟=かゞみぶね}

〇 {ルビ蘿藦舟=かゞみぶね}{ルビ羽=は}も{ルビ輕々=かろがろ}と輪廻せり
〇 {ルビ風花=かざはな}や{ルビ神鹿=しんろく}鼻を持上げつ

〇 {ルビ小牡鹿=さをしか}の鼻の{ルビ濕=しめ}りに{ルビ霙=みぞ}れけり

〇 {ルビ白髯=はくぜん}の神やも乘らす{ルビ ....
〇 アクリルの襟卷痒し母待つ子

〇 インバネス鳩の死せるを跨ぎけり

〇 {ルビ狗枇杷=いぬびは}の葉の黄ばみたるぺらぺらと

〇 {ルビ杣家=そまや}ごとわつさり{ルビ埋=うづ}め銀杏 ....
孤蓬(461)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
◆ —たまきはる— ◆ 文書グループ20/3/28
◆ —妖異譚— ◆ 文書グループ20/2/22
◆ —わらはべうた— ◆文書グループ19/2/4
◆ —Ошка— ◆文書グループ18/4/29
◆ —クヮヰド— ◆ 文書グループ18/1/6
◆ —鯨飲馬食— ◆ 文書グループ17/8/5
◆ —断片集— ◆文書グループ11/8/20
投稿作品
たまきはる・拾捌[group]自由詩120/3/28 16:39
三藐三菩提自由詩120/3/21 18:39
Zahouli自由詩220/3/15 20:23
あだかもときは木の芽時自由詩620/3/13 17:55
亂雜に襤褸 ― しどろにらんる ―[group]自由詩120/2/15 11:41
DigDigDigDigDig自由詩520/2/11 17:37
蝙蝠の飛ばふ宵[group]自由詩320/2/1 9:41
或緣日自由詩120/1/30 18:25
メタセコイヤ自由詩420/1/30 18:22
シュリークルセダー自由詩5+20/1/22 20:56
參詣都萬宮作謌一首并短謌伝統定型各 ...2+19/12/31 9:27
四轉短歌219/12/7 16:25
黑嘴短歌4+19/12/7 11:08
カイゼル[group]自由詩219/8/1 20:28
予兆[group]自由詩1519/5/5 19:15
代々胤がへる節に詠める短歌319/4/30 17:41
卽興 漣俳句219/3/22 18:24
卽吟 紅脣或いはムスカリ俳句219/3/21 15:26
霞を具して俳句219/3/10 8:33
超級月亮俳句219/2/23 9:21
無患子[group]自由詩119/2/4 18:23
蟻でありんす[group]自由詩119/2/3 15:18
俳句219/2/1 20:07
母刀自短歌119/2/1 20:06
松飾る俳句318/12/29 17:47
櫨赫然俳句218/12/27 18:35
參詣途上作謌一首并短謌伝統定型各 ...218/12/24 15:25
輪廻 ―संसार― 俳句2*18/12/16 15:46
小牡鹿俳句418/12/12 20:05
わつさり俳句118/12/11 20:24

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「たまきはる・拾捌」から「わつさり」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.24sec.