いつまでも花のように笑んでいてほしかった―――
 この世ではじめて美しいものを見たと思った。彼女の瞳の中にはいつも星が宿っていた。その星は真昼でも太陽にまけず照り輝く、地上で一番明るい星だった。そ ....
青星灯る夜に、コールタール色の水底から貴方が呼んでいるのだけど、私は泳げないし、よく見ると確かに星や月が水面に映り込んでいるのだけど、それを捕りに行く気にもなれない。
今日はやめておくわ、と私は言っ ....
皿の上に1/4に剥かれて干からびた林檎がふたつ
淋しくて寄り添うように折り重なってる

音のない世界にカサリと観葉植物の葉の落ちる音
それでも君は決して起きたりしない

のそのそと目覚める ....
かろうじて嵐の前に帰っていった
君の寝ていたベッドのへこみがまだ残っている

新学期の飛び降りのニュース
こんな天気じゃ天使も飛べないだろう

4階からなら助かるかもしれない
ニュースに ....
あのパーセクの向こう
猫には見えるのだろうか
死んでいった魂が

都会では星さえ見えないが
ほんとうは暗闇の向こうに先があるのだ

しんとした部屋、片付いてはいないが汚くもない
自分は ....
都会にはたしかに 星はないけど
変わりに美しく光るもの たくさんあるねと
君は白い息を吐きながら言った

じゃああれはなんだ
輝いてありえないギザギザに飛ぶ
君は「UFOだね」と言って
 ....
死へのあこがれを
4階のベランダでかみしめてた

YESかNOの答えを求められて
あいまいな答えをして殴られた

コンクリートに打ち付けた
頭はよけいパーになってしまった

パーにな ....
体の膿を排出しようとするが

叶わず


熱は体力を奪い

はいつくばる



夜は深く

シリウス・カノープス・リギルケンタウルス

輝いてる



寝返り ....
家路の途中教会の前を通ったら
華やかな結婚式が行われていた

入り口のゲートは開かれていて

お祝いに来たたくさんの人たちが
花びらを宙に舞わせて新郎新婦が出てくるのを待ってる


 ....
青星円(9)
タイトル カテゴリ Point 日付
Fiction自由詩218/11/16 12:49
高温星自由詩318/11/16 0:20
君との眠りの世界線自由詩218/11/8 10:15
僕が一階にしか住まない理由自由詩118/10/28 15:29
パーセク自由詩218/10/24 16:50
ユーエフオー自由詩218/7/12 14:07
頭の悪い詩自由詩218/6/25 13:27
星の熱動自由詩3*18/6/16 11:17
花嫁自由詩3*18/6/14 15:26

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.08sec.