早朝の
すこし肌寒い街で
みあげると、

風が、
空高くに吹くから

書かなかった手紙が
やさしい透明色の紙で
空高く、
揺蕩っているように
感じるん ....
好きなひと
女性が 女性じゃ 可笑しいですか
お願いですから 勇気を下さい





もう二度と
忘れられない君の名は?
恋愛貴族と申すもの也





おも ....
ポツポツと降る哀しみに
今夜も心に穴が空く

ホロホロと鳴る哀しみに
胸の奥までビショビショだ

帰って来ないあの方の
綺麗な小指を想い出す

夜道にゴロンと棄てられ ....
  

上り坂を
歩いて来たかと想ったが
ふと気がつくと
目の前には
さらに傾斜のキツい
坂が
まるで
壁みたいに
立ちはだかっている

アイダノコイダノ
ほざいてたころ ....
  

その街は、昔から、
桃の街と呼ばれてた。
私の部屋は、暖かく、
新しい風が、吹きぬけている。

真珠のような、星々が、
ピカリ、ピカリ、とまたたいて、
たまには、ななめに ....
  

どこまで、
綺麗事は、
有効なのだろうか?


遠くへ行かなくてはいけない
強迫観念が
いつまでも
いつまで経っても
後頭部あたりで
うごめくから


いった ....
なにが上手なのか
わからなくて
困ってる

生きることって
勇気とか
あと
挫けそうなときに絞り出す
神さまにすがるような
頑張りも
あったりするよねぇ。

べつに私の ....
  

夜の夜中に散る花は
氷のような冷たさで
涙のように儚くて
子猫のように鳴いていた

ちいさな川に落ちたとき
あっ、
とかすかに声をあげ
そしてそのまま沈むとき
 ....
  

そこに朝陽がさすころに
とても醜いできごとを
かき消したいと
希うのだ

わずかに残った悲しみを
それでもスプーンでかき混ぜて
苦いけれども我慢して
そーっと舌に
の ....
冬の月
凍った音色で泣くくせに
地上に夢を降りそそぐ
その小道には
深夜から
降りはじめていた粉雪が
うっすらうっすら残ってる
いまは止み
みあげた夜空に浮かぶ月
キラキラ ....
  

心の中には
水が無いから
涙なんて
流れやしないと

夜寝る前に
真水をひとくち
一口だけ飲み
心を潤す



空に魚がいないから
あれはちいさな雲なんだ
 ....
 


ピエロのように
踊らせて?



紅いくまどりした両目、
とっても清い心とか
知りもしないで悲しみを
抱きしめていた午前2時、


夜は夜とて、夜の笑顔で
はにか ....
  

心がとっても嬉しくて
笑いたくなる帰り道、

夕暮れ時の家々に
あたたかい灯(ひ)がともるころ、

体は少し寒いけど
すぐに我が家へ辿り着く。

悲しみなんて世界には ....
黄昏の
駅に降り立つ、その瞬間、
瞳にきらめく夕陽の残光

昔から
闇へと向かう道が好き
あゝ、そんな癖、だけが抜けない

棄てるのは
昔を想い出す癖と
 ....
堕とされて
涙もかってにこぼれちゃう
《純の道》は遠くて険しい


悲しみの
数だけいつかはしあわせに
なるという嘘、だけ、信じるわ。


《純》がまっすぐに
立 ....
おだてられ、
笑みが思わずこぼれちゃう
《女ですもの》ほしがりませんわ。


本当の
ことをこっそり教えるね?
きみ、あたしのこと《好き》らしいわよ。


きみがま ....
堕とされて
涙もかってにこぼれちゃう
《蛇の道》は遠くて険しい


悲しみの
数だけいつかはしあわせに
なるという嘘、だけ、信じるわ。


蛇がまっすぐに
立つに ....
  

わずか一杯の水を飲むために

懸命に生きなくてはいけない
ひとたちがいると聴く

ミノマワリニハ、イナイ

流れる音楽にその身を委ねて

生きるための最後の快楽を
 ....
朝焼けに覚まされている白い街、投げ棄てられた笑顔がころがる 楓の木ふれるとしなりおし返す頰に伝わるあたたかいよる 冬になるかなしみ色の風がゆく枯れた野原を雪駄で駆けた 君の瞳に震えてる

静かだけれどあたたかい

気持ちが私をくるむから


君の瞳の夜の色

君の瞳の夜の空

君の瞳の夜の雨


やっと気づいたその雫

 ....
  

まぁ、その世代のひとって、
まずおらんと想うけど。
当然あたしもけっこー、世代は違うけど。

オードリヘップバーン

って。
すっげ、かわいくね?

キレー、じゃ ....
  

夢よりも
正しい気持ちを投げ棄てて
ブラックコーヒー好きのあの人


ねぇ、なんで
もっともっとを目指せへん?
くすり指まだ真っ白の白


悪役に
憧れている ....
寂滅に真っ赤な薔薇を活けているみたいな東京タワーに夕闇 月光が
いまだけ欠けてる満月の
空みあげれば南天の鳥

冬間近
さーって吹いてる夜風なら
月をレモンにみ立ててほほえむ

弱くって
からだがその身を揉みしだき
泣きたいくら ....
  

ワンルーム
ひとり暮らしで生きている
いまは


むかし
大好きな
彼が綺麗な花を買ってくれた

ムーンダストプリンセスブルー

クリスタルの花瓶に挿したよ
 ....
紫の
夜をさまよい飛ぶ鳥の
轟く鳴き声、あれが憐れみ

語るより
目と目で繋がる気持ちなら
心の中で、ポッと光るね

あたまより
からだで感じる歓びの
初めて知った、笑 ....
その深き夜
ぼくたちは
この世界に流れる
この世界の闇に棲みついた
ふたりっきりの
夜なのだと自覚した



それからぼくたちは
かつてよりよく知っていた幸せを
 ....
  

正義が投げ棄てられ
世界がそれを嘲笑したとき
そのとき初めて神さまは
悲しいお顔をなさるのでしょうか?

至上主義、
の人々はみな必ず正しいものを
それぞれの胸に抱えこみ
 ....
秋葉竹(670)
タイトル カテゴリ Point 日付
書かなかった手紙の受け取りかた、届けかた自由詩023/1/19 8:07
オーサカラプソディー短歌223/1/14 15:12
いっぴきの小鬼のうた自由詩123/1/14 6:26
新しい風景自由詩023/1/7 10:21
桃の街から自由詩222/12/30 16:27
君のことが、好きだ自由詩022/12/30 14:28
どこからか聴こえる、懐かしい声自由詩122/12/22 7:28
夜の夜中に散る花は自由詩022/12/18 6:15
夢のうた自由詩022/12/17 13:54
聖夜に夢よ降りそそげ自由詩122/12/17 10:32
夜のうた自由詩122/12/14 21:29
サーカス自由詩122/12/13 5:38
ハッピー・クリスマス自由詩122/12/10 13:25
爛れる月よ自由詩122/12/9 15:04
全開、純式ッ!自由詩022/11/27 21:15
ゆめのなかなら、愛しちゃいそう自由詩122/11/27 3:48
全開、蛇式自由詩122/11/27 3:47
自称だとか、他称だとか、どーでもいーんだよォ、詩人たちに捧げ ...自由詩222/11/23 7:02
よふかしのうた短歌322/11/19 14:48
雨音短歌122/11/17 4:49
星月夜短歌322/11/15 2:33
よるに震える瞳自由詩122/11/15 2:22
オードリヘップバーンさまに捧ぐ情熱のうた(バッカ、ホンキだよ ...自由詩122/11/13 10:11
白いうた自由詩122/11/13 0:45
風 去りぬ短歌122/11/12 14:32
南天鳥作務衣自由詩122/11/11 7:18
落花無残な夜を超えて自由詩122/11/10 21:34
南天鳥も寒い夜自由詩322/11/9 8:15
ミッドナイト・ラブ自由詩022/11/8 3:01
あえて神殺しの汚名を受けて自由詩122/11/5 19:36

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.24sec.