翼をもぎました
背中がかるくなりました
しとどに流れる血 真珠色の血あふれて
ふたすじの傷口を {ルビ白南風=しらはえ}がなでて過ぎゆきました
すずしい背中
六月のこと

あなたの手をと ....
もう僕はよそへは行かないから帰っておいでと
ただそのひとことが聞きたかった

彼岸へすこし渡る その前にひるめしを食べよう
あなたはそう云ったので
わたしはピアスをして電車に乗りフォークをと ....
とろりと金色の滴りは オリーブや椿や葡萄の種から得たもの
蓮から採った精の封を切り ボウルに張った油におとす

傷を いつくしむこと

じくじくと痛む恨みを切りひらけば
妄念の脂が現れ 穢 ....
 シーアスパラガスというものを見つけて身請けした。イスラエル産らしい。
 植木で見るような、ガサガサした葉で、初めて見たとき「なんかえぐみが強そうだな」と思った。完全なる偏見であることは後に判明する ....
息するようにあざむく君が あざむかるるを忌む不思議

{ルビ吾=あ}を嘘つきと繰り返す君 嘘つきであってほしいのね

こころを尽くし語ってみても 嘘だと君は望んでる
 生栗の皮むきというのをやってみたくて、お勤め品のを買ってきた。
 実家では、「危ないから」とさせてもらえなかったので、どきどきする。
 水で3時間ふやかし、まな板の上でざらざらした尻をちょいと落 ....
{ルビ慕=した}わしいあなたと 可愛いわが子 三人の穏やかな暮らし
{ルビ野=の}にうずくまるわたしを救い 傷ついたあなた 愛したの
だのにわが子よ おまえは{ルビ聡=さと}く 母の姿を見透かした ....
{ルビ夕立=ゆうだち}あけて空は葡萄酒
{ルビ美人=びじん}が沈む湖沼の水銹
{ルビ記憶=きおく}の底に誰かの日記
{ルビ龍=りゅう}がぬすんだ幼い契り
しなやかな四肢で彼女は舞い狂う 猫を孕んだ女神を擬して 好いたお人の{ルビ勝負運=ツキ}になりたい {ルビ犯人=ホシ}を弑する夢をみる いつの間にやら煙草をやめて おんなの顔した元親友 語られないのは
はじめての恋
いつかの歌姫
めくるめく夜 
ルビーが腫れてく
くちづけだから
ランプも恥じらい
いつしか消える
ルシアン・ベアってお酒をひとくち
痴情のもつれもた ....
桃花の薫る社日に識った酒の味そして兄の聲 ふたありは互いのカムパネルラでした
過去を封じた絆創膏が{ルビ愛=かな}しくていまも剥がせない
なりたいものは差し向かいにて箸を動かす古女房 三千世界のコロナを殺し全人類とハグしたい

{引用=#究極の願望。}
口が裂けても言えぬ恋ゆえマスクしている君とぼく 秋深し金木犀のご近所に銀杏植えたの誰や出てこい

{引用=#においが混ざり合って大惨事に。}
エプロンドレスのお嬢さん、
ミシン鳴らして日は暮れる。
ヴィオロン奏でるお姉さん、
ワイン揺らして逢いに来る。

色とりどりの糸くずが、
エプロンドレスを飾ってる。
布と針とで遊んでいる ....
月が傾く音がして、
ぼくはぽっかり目をあけた。
カーテンごしに見えるのは、
ボタンみたいなお月さま。
瑠璃と茜の縫い糸で、
びろうど夜空にとじてある。
きっとお仕事したひとは、
てさ ....
{ルビ産着=うぶぎ}を脱いだその日から あたいの{ルビ親友=とも}は{ルビ般若湯=はんにゃとう}
{ルビ渡=わた}る世間が鬼の国でも 一緒に歩みゃ怖かないわ
{ルビ馬鹿=ばか}になるほど浮世は楽し ....
(ああ、秋の空は露草を集めて染めるのですよ)
(あれこそまことの青ですわねえ)

天からつゆくさが降る、
つゆくさ、つゆくさ、
地が青に染まる、
つゆくさ、つゆくさ、
どこかで鈴がちりり ....
きすの痕すら残せぬ恋路 {ルビ口紅=べに}をぬぐえば夏が逝く 冷やを{ルビ呑=や}りつつとらんぷ繰ればハアトの騎兵が眼をそらす 粋な噂も七十五日 未練な小指に赤い糸 わたし 娘だった頃 夜歩くのが好きだった
公園の木に挨拶し 
のみならずこっそり名をつけて
木の肌に手を押し当てては 
そっと名前を呼びかけた
誰もいない真夜中ならば 
抱きしめたりもした ....
氷が溶けて鳴る
その音に瞼をひらいた
汗をかいたグラスにジンのなごり
君の香りを撹拌する空調
目覚めぬそのまぶたを震わす夢に
嫉妬しながら氷をつかむ
さあ グラスにもう一杯の媚薬
蜥蜴み ....
君はジタンを{ルビ喫=の}んでいる
象牙色した指が佳い
くちびると髭の剃り跡で
わたしの視線をからめとる

君はわたしに火を点けて
ハイにしながら 微笑する
君はもひとつ紙巻き咥え
灰 ....
舌に絡まる火酒のような色恋沙汰には もう飽いた
冷えたその肩 ぬくい翼で癒やしたい そう思うのさ
舌に絡まる恨み言なら くちうつされてもかまわない
笑い飛ばして耀く君を わたしの翼で孵すのさ
眼ヂカラが強すぎる わたしは魚
君をみつめている

魚だからまぶたは無い
目を閉じることはかなわない

誰よりも雄弁な眼を持つ宿世がつらい
泣きたくて壊れそうだけど泣けない

そ ....
火蛇(33)
タイトル カテゴリ Point 日付
堕天自由詩421/11/15 22:50
仮面自由詩521/11/11 5:25
香油自由詩921/10/30 17:19
珊瑚草を喰ふ話。散文(批評 ...1021/9/17 23:59
[都々逸]うそつき伝統定型各 ...121/9/12 12:15
生栗散文(批評 ...521/9/4 17:45
信太妻自由詩121/8/12 21:31
ゆびきり[折句]自由詩121/6/26 11:38
あらでぃあ短歌021/6/26 0:43
吉祥天[都々逸]伝統定型各 ...021/6/23 21:17
【都々逸】煙草断ち伝統定型各 ...1*21/4/5 14:48
しりとり恋歌自由詩121/3/9 11:56
治聾酒[都々逸]伝統定型各 ...221/2/28 23:16
カムパネルラ自由詩221/2/12 12:30
なりたいものは古女房【都々逸】伝統定型各 ...221/1/12 14:34
三千世界のコロナを殺し(都々逸)伝統定型各 ...1*20/12/11 16:30
くちさけ[都々逸]伝統定型各 ...020/12/4 23:58
秋深し金木犀のご近所に銀杏植えたの誰や出てこい短歌6*20/10/5 11:46
お針子自由詩4*20/9/9 11:53
Childhood's End自由詩520/9/7 12:00
うわばみ自由詩2*20/8/24 14:28
露草つゆくさ自由詩419/9/2 19:44
都々逸伝統定型各 ...119/8/12 19:42
伝統定型各 ...419/6/21 20:06
伝統定型各 ...219/6/4 23:17
木に恋してた娘っ子自由詩10*18/10/26 21:05
夏の夜の夢自由詩318/7/21 11:12
けぶりぐさ自由詩4*18/6/9 13:56
自由詩518/5/31 15:45
恋する魚自由詩5*18/5/26 12:34

Home 次へ
1 2 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「堕天」から「恋する魚」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.34sec.