雷が遠くで鳴っているという事実を
私の手元に彫り込む
なんて事のない世界を見つめている
 ....
肉体がぼやけて、輪郭線が溶けて、息をするのはしぶとく分裂を繰り返している細胞であったらいい、と生身の ....  
ひにひに
文章は
読みづらく
なってきた
アイム ソー タイアード

冷えて
 ....
○「殺人」
人を殺してはいけない
ということを
だれがどこで教えているのだろうか

○「老 ....

アル中の父と同じに男をば見れば恋すらできもしまいに

人生を己がものだと思えたらこう酒なんて ....
若者に合わせたスイーツ店お洒落流行を意識した店の中

町内で過疎を抜け出す話し合いそう簡単に名案 ....
光が差し込んで、地球が終わる。架空、庭園の、水晶の、昨日見たテレビの蓄積、遠い皮膚の匂いに指先を差し .... どんなに練習しても
練習の成果は得られなかった
鉄棒の逆上がり
何度も挑戦したけれど
出来な ....

で、あずかったトモダチのカレシのイヌがしっぽを揺らすたびに部屋の椅子が倒れて コップが割れて床が ....

答えはない。手を伸ばすだけ。
ニック・ドレイクは、大事な一点だけを知っていた。それについては ....
前日 Home 
2019年6月18日
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
受容朝焼彩茜色自由詩019-6-18 11:52
メモ 042469自由詩019-6-18 11:11
朝の詩 2田中恭平自由詩019-6-18 10:17
独り言123集ホカチャン自由詩019-6-18 9:12
酒粕りゅうさん短歌019-6-18 6:11
名案夏川ゆう短歌019-6-18 5:18
me明樹水底自由詩019-6-18 3:51
否定するこたきひろし自由詩019-6-18 0:47
トモダチのカレシのイヌDFW 自由詩119-6-18 0:45
理性と私のメモ由比良 倖散文(批評...019-6-18 0:40
10rows, 0.29sec.