詩の日めくり 二〇二一年六月一日─三十一日/田中宏輔
 
」白血病ウィルスの変異種にかかっていたエインン博士は生きてるあいだ、ウィルスをそこらじゅうにまいて死んだ。とても自分勝手に。この作品は憶えていた。

 6作目は、「?〈ギャラクシー〉・ブック・シェルフ?より」「わたしたちのうちの或る者が捉えそこなっているらしいのは、生活が根本的に、そしてサイエンス・フィクション的に、変化してしまったということだ」(野口幸夫訳)サイエンス・ブックをレビューすることが本作品の趣旨らしい。していない。

 7作目は、シオドア・スタージョンの「ゆるやかな彫刻」これはサンリオ文庫の『スタージョンは健在なり』にて「時間のかかる彫刻」というタイトルで読んでいたもの。男は
[次のページ]
戻る   Point(10)