短歌雑詠/おぼろん
 
朝(あした)の香りはかそけく、まだ醒めやらない眠りのなかのように。

梅の実がオレンジに色づいている。母は、その二つ三つを手折り。

そよ風に吹かれて、体の熱が解かれてゆく。ああ、わたしはどこへ。
戻る   Point(2)