【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(358) コーヒースレッド(301) ぼやき・愚痴・嘆きの野原(266) ながしそうめん9軒目(571) 廃人がポツリとつぶやく部屋14(802) ことことひとこと。その2。(840) 音楽スレッドVol.2(596) 食べているかい?(188) 名前の理由、聞かせてもらっていいですか?(239) しりとりの詩 3 (89) 生贄合評スレ(442) 詩がかけない〜!(308) 釣りスレ(147) 詩カラバ、桃源郷デアイマセウ (85) ありがとうって言いそびれた人いる?(63) 実は・・・こんな夢を持っています。(334) 夢を見たら書き込むスレ2(671) 題名だけのスレ12(652) 詩と散文を作る手段全般についての情報と意見交換 part2+α(162) 現代詩を書くのにどれぐらい時間をかけますか。(21) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

詩カラバ、桃源郷デアイマセウ  (創作系)スレッドオペレーター:るるりら
こちらの スレッドは、以前はこの現代詩フォーラムにあった写真と詩のカテゴリーhttp://po-m.com/forum/listdoc.php?cat=20&from=menu_c.phpに近いことがしたいと考えました
このスレッドには、詩を投稿していただき 詩と合わせて画像も見せていただたいです。


『詩ヌマデアイ詩テ』というスレッドで行われた様々な事は、『蝶としゃぼん玉/【petit企画の館】』に 後継されることとなりました。しかし、わたしには そこではできないことがあります。
『詩ヌマデアイ詩テ』の公園ができたときに、私は スレッド主である鈴木 海飛さんと約束したことがあります。

[3]るるりら[2016 03/03 18:56]
桃を植えても、いいですか?
[4]鈴木 海飛[2016 03/03 20:59]
3年後に、食べさせてくれるなら。
 

上記の書き込みは、ひな祭りの時期でした。現実の花鳥風月と ときおりリンクするような
風通しの良い場所であってほしいと願っていました。そして、
わたしは、できることなら三年後に 詩の桃をみなさんと食べたい。
言葉を超えた言葉だけで終わらない桃を食べたい。
『明日、世界が滅ぶとも、今日りんごの木を植える』と言ったのはルターという人らしいのですが
わたしは 桃の木を植えて食べたい。
だから、『詩ヌマデアイ詩テ』の公園に植えた桃の木を、このスレッドに移植し 
あらたな公園を ここに設けます。

公園の入り口には、桃の木を植えました。
わたしは桃の木の管理係です。水やりをするような気持ちでいます。
あなたの心の目がとらえた詩を写真や絵や音声、映像などと共にに 御紹介くださいませ。

[85]st[2017 01/07 12:16]水菜石村 利勝
https://pic.prepics-cdn.com/f43b835b2e877/53340436.jpeg

*** 冬のよさ ****

つきさすような北風が 
吹きぬけてゆく冬の空は
嫌われ者と思われて 
さびしそう

時折舞い落ちる白雪たちが
華麗な姿でなぐさめる

遠くにみえる白銀の山々が銀幕となり
群れとぶ冬鳥がくっきりと
浮かび上がる


冬は夏よりよいと友はいう

猛暑はどうにもならないが
寒さは着込めば我慢できる
というのは真実だろう

エアコンより静かな
ガスなどの暖房もよいところ


ベランダが冷蔵庫となり
野菜の保存には適度な湿度で
最適となるのも冬ならでは

冬のよさは過ぎてからわかると
嫌われ者は胸をはる
 

[84]るるりら[2016 12/21 14:01]st
stさんの詩を拝見していると
サスペンス好きの友人のことを思い出しました。
その人は公園で寝ている人をみると とおまきに死体ではないかと推理するのです。すべてが おおいつくされているなんて 魅力的ですね。
雪には そのような作用がたしかにあるなあと 思いました。
 

[83]るるりら[2016 12/20 21:44]st
stさん、ご参加ありがとうございます。
音楽きかせていただきました。
こころが くもっていたのですが、しだいに
浄化してきました。ありがとうございます。
 

[82]st[2016 12/18 05:21]
*** 冬のサスペンス ***

ヴィヴァルディ 「四季」より「冬」
https://www.youtube.com/watch?v=OLClkB9cnHY

真夜中に降り積もった雪で 
朝は一面の銀世界になっている

刑事がこの光景をみたら ぞっとするに違いない
真っ黒なものでさえ   白く覆い隠してしまう
 
完全犯罪の冬山の殺人も簡単だろう
トリックはいくらでも可能になる

雪が解けて消える足跡や 氷の凶器に
誰もいない冬山の    相手がわからなくなるほどの
風雪の嵐など

サスペンスを書きたくなってしまう
銀世界の誘惑につつまれる 
 

[81]るるりら[2016 09/20 09:43]
≫72
 stさん いつもご投稿ありがとうございます。このトレッドは 詩だけではないルールなので
すこし 敷居が高いにもかかわらず おかげさまで 心が広がるような気持ちをいつもいただいています。
いま
ハミングで うつくしいうたを 思う時間がとれていることが ありがたいです。
ありがとうございました。


●みなさまへ
 おはようございます。
すこしまえに投稿いただいた作品ですが、秋の風情を感じる素敵な詩と音楽を聴く余裕が
今の私には奇跡に思えます。
小旅行に行っておりまして 旅先でも 彼岸花や萩の花や葛の花をみました。
旅のおかげで 心の狭い私も すこしだけ 風とおしのよう心境になりましたので スレッドにレスを書かせていたたこうと思います。

旅先で 花にまつわる 美しい句の刻まれた石碑を見つけましたので 僭越ながら
土産として追記させていただきます。

加賀千代女  「うつむいた処(とこ)が壹(うてな)や菫(すみれ)草」

このスレッドでは、自分の詩だけではなく、写真や絵や音楽にも おもいをはせる時間になればと
思っていますので、ただ詩を書くよりは 手間かもしれません。どうぞ 作品へのレスも絶賛募集中ですので、よろしくお願いします。
 

[80]st[2016 08/30 15:46]鵜飼千代子
http://pic.prepics-cdn.com/5ce22f6816f59/61381099.png

    *** 君のポートレート ***

いつから君のことを     好きになったんだろう
ひと目ぼれなのに      思い出せない

好きになるというのは    おそろしい
君よりかわいい娘が     いなくなる

君のいない一人の部屋で   君を描いてなぐさめる
写真ではうつせない     僕だけのイメージを

明日またあえるのに     それまで待てないやるせなさ
何度も君を描いては     つみかさなってゆく

君のポートレートに     くちづける
 

[79]るるりら[2016 08/30 11:15]st
みなさん おはようございます。をお すばらしい作品の数々 ありがとうございます。愛とか姿とか鏡とか。痩せよう。為せば成る。(←ひとりごとでござりまする)まずは、鏡から

>>72 stさん  *** 鏡の世界 ***
先日 テレビで 『Shall we ダンス?』という映画を放送していました。
ご存じ中年男性が美女先生にあこがれて すこしつづダンスを覚えてゆくドラマですが、
つい私もダンス初歩のシーンで ステップを踏んでみました。

男性が右足をだしたら女性は左を下げる。鏡のようで鏡ではないからダンスになる。
鏡でなく誰かの心を通してでないと 自分の姿というものは理解できない。
それは
だれにも 理解されていないからかもしれないなあと 思いました。 

けれど、音楽を聴くと 鏡ってシンメトリーの世界のばずのに、だだのシンメトリーでは
かたずけられない広がりがある鏡の世界が表現可能かもしれないという思いにかられ
なんだかとても魅かれました。
 

[78]るるりら[2016 08/29 13:35]石村 利勝
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=321625&filter=date&from=menu_d.php%3Fstart%3D0

わたしの作品「あいづち」です。

↓これは、↑のイメージにあう 湖をさがしていたときに みつけました。バイガル湖の氷をもちいた演奏です。

http://spotlight-media.jp/article/220321492806321562
 

[77]蛾兆ボルカ[08/28 16:30]stるるりら
【アティテュウド】

URL:
>>http://www.i-l-fitness-jp.com/ballet/img/attitude-04.JPG

作品を鑑賞し、それについて語る
その『姿勢』をアティテュウドという
のだと
言われてみれば思い出すけど
スッカリ忘れていて
画像検索してみたら
バレリーナが大勢(笑)

僕も、画像からいかなくてもいいのにね

詩集を
そんな格好で読んだら
疲れるだろ
って、僕は思うな

僕が出した詩集は
期待したほど売れなくて
まだあと五冊も余ってる
(30部しか刷らなかったのに)

でも想うな!

もし25人のうちの誰かが
こんな格好をして読んでくれたら
変だけど
嬉しいです


※※※※※※※
画像は、『フィットネスの勧め』
>>http://www.i-l-fitness-jp.com/
のものです。
 

[76]st[2016 08/27 05:23]蛾兆ボルカ鵜飼千代子るるりら
http://classic-online.ru/uploads/220800/220702.mp3
フランツ・リスト愛の夢より第3番 おお、愛しうる限り愛せ

*** 沈黙の愛 ***

目と目でつたえ 手と手をふれて
感じあう
言葉にすると  こわれそうで
ただみつめあい 
あるいてゆく

夕暮れの街に 
あかりがともり
夏のなごりの  
セミがなく

爽やかな    かぜの香りと
きみのにおいが
かさなって

からだじゅうに
しあわせがあふれ

黙ったままで

愛は深まってゆく 
   
 

[75]石村 利勝[2016 08/27 01:28]るるりら
>>74 るるりらさん お大事に~~
 

[74]るるりら[2016 08/26 17:50]石村 利勝
管理人るるは、微熱でレスが 浮かばな
い。言葉よりリンク先に 癒されがちなので、もうすこし、普通のときに また 読み直そうと思ってます。
 

[73]石村 利勝[2016 08/26 17:29]るるりら
どうも~~ご無沙汰でした。今日はしんみりとショパンなどいかがでしょう。

https://youtu.be/x38nPKcONXM
ショパン 夜想曲 変ロ短調 Op.9-1 /マリー-テレーズ・フルノー (ピアノ)
仏Orphee 50003 (録音:1950年代)

タイトル【ノクチュルヌ】
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=321553&filter=date&from=menu_d.php%3Fstart%3D0

でわ。
 

[72]st[2016 08/25 07:10]るるりら
http://www.digipot.net/?p=1598

    *** 押し花の便箋 ***

あおぞらのした       少女はひとり       
川のほとりで        花をつむ

ひとつひとつ       たしかめながら 
便箋にはる        押し花のため      

うす紫のブルゾンに    長い髪はゆれ
ときおりふくかぜが    やさしいかおりを
はこんでくる

やわらかな秋のひざしは  ほほえんで
コスモスたちが      ささやきかける

その横顔のわずかな    かげりを
だれもしらない

夏の日の        あわい想いよ   
押し花の便箋は     だれのため?

つづる言葉を      胸にひめ
くちずさむうたが    ながれてゆく
 

[71]st[2016 08/25 04:17]蛾兆ボルカ
>>69 >>70
最近、理髪店にゆくのが面倒になって、バリカンを購入して
自分でやっているのですが、鏡をみながらやるのが大変です。
手を正確に動かさないとうまくゆかないので、鏡の世界になれ
ないとダメですね。これがバリカンの課題ですね(笑)。
 

[70]るるりら[2016 08/25 01:22]st蛾兆ボルカ
蛾兆さん、鏡がもし
床にあったら、上を下にうつすような?
コメントナンバーが69という偶然がすごい。
6の鏡文字は、69ではない。
 

[69]蛾兆ボルカ[08/24 21:51]st
>>68
stさんの作品

拝読していて、ふいに長年の疑問が解けました。
そうだったのか!と。
鏡は何故いつも、左右が反対に見えて、上下が反対に見えないのか?
反対なのは、ただ前後だったんですね。
 

[68]st[2016 08/22 03:36]蛾兆ボルカるるりら
http://classic-online.ru/uploads/136700/136668.mp3
ラヴェル 組曲『鏡』管弦楽版

     *** 鏡の世界 ***

鏡にうつる      別人のような姿の
奥にみえる たしかに見覚えがある
虚像の世界は

左右が逆にみえて   じつはそうではない
左は左に右は右に   うつしているだけなのに
感覚がマヒし     どうあがいても
正確に支配できない

答えは前後が    反転しているだけなのだ

別次元のなかを   さまようように
まよいこんだ迷路が ゆくてをさえぎるように

手をおもうように  うごかせない 

どうすればよいのだろう
頭で考えてもうまくゆかない

いまだに自由にできない 鏡の世界だ
   
 

[67]るるりら[2016 08/21 08:00]st
おはようございます。stさまの童話詩を読んで、こどものころに 飼っていた鳥が卵を抱いたまま、いくつか自分の卵を食べて死んでしまったことがあったのを、思いました。生き物が子どもを守らないことは、結構あることかも。

私の場合、親子関係について本心では かなり まがまがしいモノを、もってるようです。自分自身の まがまがしさに、昨日まで 怯えたみたいです。 詩で表出できて、はじめて自覚できました。

そういえば、子育て中に、私の母親に「あなたは、鬼子母神みたいなところあるから、きをつけんさい」と、言われて激昂したこともありました。子どもを、食わんわ⁉って、本気でおこった。ありえへんです。

あと、子供に関する詩の勉強会で、子供に関する表現に点数つけられて、本気で 怒ってしまいました。他人からしたら、ありえへんかったかもしれない。

すべて、わたしがもっている
洒落にならない まがまがしい親子関係に対しての恐怖心のせいでした。

たまたま、普通に 子育てできたし、子守りボランティアまでしてるけど、わたしは自分の母性愛を本心では ずっと疑ってきたようです。こんな奴だけど、なんとか してやろうとしてくださっている方々が 何人か 心に浮かぶから 救われます。

北極と南極はファンタジーだけど、磁力で結ばれてます。丸い 今日の心を (^.^)(-.-)(__)。ありがとう。
 

[66]st[2016 08/20 16:33]鵜飼千代子るるりら
>>65 鵜飼千代子さま

>オスの白くまが子グマを捕食する動画をみました

メルヘンのなかで魔法使いが話していますが、自分の子さえ
わからなくなり、食べてしまいます。そのため動物園ではシロ
クマに子がうまれると、オスを別のオリに隔離します。

私もシロクマが好きなので、このあたりは充分に調査してメルヘン
を作成しています。オスがコグマを襲う時は、お母さんが命をかけて
守るそうです。かわいそうですよね、お父さんがこれでは。
 

1 2 3 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.04sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート