幽霊よりも側にいて
ただのみきや

あなたの不眠のグラスにこと切れた蝉
唇は一度たりともことばを選ばなかった

切り株から伸びたイチョウの若葉に懸想して
黄色い蝶は消えた風に捲かれて土手の向こう

黴のような憧れと忌まわしさの人工地母神
夏草をまとった見知らぬ原風景よ
雨にぼかされた記号と記号のまぐわい

時計にはなれず萎えた手足をいくつも生やし
齟齬には吐血で応え
放物線の果て一線を越える
わたしという解は生の数式の尾をひいて

貝を踏んだそぶりも見せず
水に溶けてゆくあなた
白い笑いを喉につまらせて

空と海を分かつ線
熟れ過ぎたトマトと切れない包丁
新聞紙に包んで捨てられていた
唇と唇に挟まれた心臓

耳の中で寝返りを打つ足の爪のシアン
濁った光に頬をあずけて蟻の行方に海を見た
死者の片言と結ばれて白い泡沫に吸い尽くされて

痩せ細った月にすがりつく蔓草
舌の裏に隠した螢



                 《2022年8月7日》








自由詩 幽霊よりも側にいて Copyright ただのみきや 2022-08-07 13:09:22縦
notebook Home 戻る  過去 未来