だいじょぶだぁ
田中恭平


死のむこうには
何もないのか
安楽な世界はないのか
安らぎを認識できないのか
ぼく
鬱っぽいのかも知れない
だいじょぶだぁ
が聞こえる
竹のしなりも聞こえる

きょう
肺に
針で刺したような痛みがあった
虚血症?
いや
肺炎?
洗浄したマスクの化学作用?
それはすぐに収まった
だいじょぶだぁ
大きな換気扇のおとが聞こえる

わたしはいつも大丈夫ではなかったし
言われるまでは気づかなかった
こと
多々
謝々

うんと疲れて
整頓された部屋で
ひとの脆さについて考える
だから
もっとひとには
やさしくしないといけないね
月の いや小石の裏にも
無の先はある
だいじょぶだぁ




自由詩 だいじょぶだぁ Copyright 田中恭平 2020-03-30 17:58:35縦
notebook Home 戻る  過去 未来