すすめ・すすめ
梓ゆい

はいずりをする甥っ子が
何かを目指している。

上半身を起こしつつ
片方の後ろ足を蹴り上げ
前へ・前へと
何かに向かって。

生えたばかりの白い歯を見せながら
「うーっ。うーっ。」と笑った甥っ子。

その先にはきっと
テレビの前であぐらをかき
青い半纏を羽織った亡き父が
「こっちへおいで。」と
孫の名前を呼んでいる。



自由詩 すすめ・すすめ Copyright 梓ゆい 2020-02-14 01:55:55
notebook Home