なめくじフェスティバル
松岡宮

天気予報は雨でした
なめられっぱなしのなめくじが繁華街へ向かう

あなたの名前は何ですか
えっ 名前 何だろう
名前のない なめくじ
かたつむりのように背負うものもない なめくじ

ガード下で のたうちまわる なめくじの群れを
子どもは 見ては いけないよ

身軽なその身体をカーブさせて
空を見上げる なめくじ
ためいきの なめくじ
忸怩たる思いの なめくじ
じめじめした場所を好む なめくじ

(きらきら きらきら)

綺麗なお花が大好きで
お花のそばに近づいては花びらを食べてしまい
お花に嫌われる なめくじ
駆除の対象となる なめくじ

だけど 泣いてはいけないよ
涙には塩分が含まれているからね

そんな なめくじだけど 楽しみがある
今夜は役所で「なめくじフェスティバル」があるんだ
野外でビールが飲み放題なんだ
ただ酒飲むぞと地下通路を這いずる数百のなめくじ
酔っぱらって傷をなめあうなめくじ
身体のほかには何も持っていないから
共食いするしかない なめくじ

天気予報は雨でした
なぜか塩分の混ざった雨が降ってきた

(ざあざあ ざあざあ)

はい
こちら警備室です
フェス会場のなめくじですが 全滅です
本部 どうぞ

ママ この地下通路はどうしてきらきら光っているの
それはね 貧しくても心の綺麗な人たちがたくさん歩いた道だからよ
その方たちを祭るために 
こんど 花壇を作るのよ

一度でいいから キスがしたかったでした


自由詩 なめくじフェスティバル Copyright 松岡宮 2019-06-28 22:33:46
notebook Home 戻る  過去