見られた気がしたので
ぽりせつ

見られた気がしたので
振り返った 境内
杉の木の枝の上
呼ばれたのかもしれない

急いで兄の下へ駆け出す幼いわたし

それが「怖い」という感情だと
しばらくして解った

ここで悪さはできない
と、どんな教えよりも身に沁みて
今も杭を打たれたまま







自由詩 見られた気がしたので Copyright ぽりせつ 2019-03-16 14:04:36
notebook Home