辛いバレンタイン
しょだまさし

“職場内の秘密の恋愛の味は辛かった”


彼女が配った義理チョコ
僕のだけ罰ゲームの様な
カラシ入り…

甘いと喜ぶ同僚たちに気づかれまいと
汗を流しながら食べた就業後

これは「目を覚ましてね」
という恋のメッセージなのだろう

渡せずにいた“輪”入りの箱を
鞄の中に確めて
「今から会える?」

とメールした


自由詩 辛いバレンタイン Copyright しょだまさし 2019-02-14 20:51:37
notebook Home