此処乍ら
仲程

あけぼのも
 やぶんの
  しろしのたまいも
   うんじゅがなさきどぅたぬまりる
    こうとなく
     そのこえそのこえこそ
      ものの
       のぞみたるもの
        ぐうすれば
         るりのね
          ほっすれば
           しょうのねほどに
            けしきゆらされ
             れんだいのはなのごとく

           曙も/夜分の白し宣いも/御主が情どぅ頼まりる/
           哮と哭く/その声その声こそ/ものの望みたるもの/
           遇すれば瑠璃の音/欲すれば笙の音ほどに/気色揺らされ/
           蓮台の華の如く


さきにたちたおれてもなおさらそうじゅ
 らしんばんふたつならべるぶんきてん
  さいはてにみえないはずのろくぶんぎ
   うしろてにいつのまにやらまぐのりあ
    じょうじょうのよひとまいひとにわざくら
     ゆぴてるとすぴかとたぐりつつねむる
      ののはなのさきはじめなどかすむまま
       はらのそこめをとじたままななほくと
        なにもないなにもないからくぐるもん
         のうけんのいしがきのすきはつやまね
          いろをまつわかなえうらはさいたづま
           ろくとうをさがしにはるのよるにとぶ

           先に発ち斃れてもなお沙羅双樹/羅針盤二つ並べる分岐点/
           最果てに見えないはずの六分儀/後ろ手にいつのまにやら紫木蓮/
           上々の世人舞人庭桜/木星と真珠星と手繰りつつ眠る/
           野の花の咲き始めなど翳むまま/腹の底目を閉じたまま七北斗/
           何もない何もないからくぐる門/能見の石垣の隙初山鼠/
           色を待つ若苗 裏葉 左伊多津万/六等を探しに春の夜に飛ぶ


たけざおのさきにとうかをぶらさげて
 だだこねたこもそのどてのさき
  すぎゆきてこしくるもなおすぎゆくひ 
   ぎんねむのゆめねむのきのゆめ
    にとさんとおってになくすまのわるさ
     すぎとひとあてあすなろのさとのなも
      ぐびじんそうのうつりゆくなも
       るりいろのかたばねにひをのせてとぶ 
        もうすぐみらいひかりのみらい
         のこりものこそふくあるとさきのばし
          ほんとのいみへとどかないひび
           かみのけざほしぼしのちりゆめのちり
            けいたいかいろきえるぬくもり
             たったいまきづいたふりのせきをする
              るごーるのしむかわいたのどで
               ふりむいてうめのかをかぐみかげいし
                ねはんのじうにとけゆくをまつ

           竹竿の先に燈火をぶらさげて/駄々こねた子もその土手の先
           過ぎ行きて越し来るもなお過ぎ行く日/銀合歓の夢 合歓木の夢
           二兎三兎追って荷失くす間の悪さ/(その下の句も無く間の悪さ)
           杉と檜と宛 翌檜の里の名も/虞美人草の移りゆく名も
           瑠璃色の堅羽に陽をのせて飛ぶ/もうすぐ未来 光の未来
           残り物こそ福あると先延ばし/本当の意味へ届かない日々
           髪の毛座 星々の塵 夢の塵/携帯懐炉消える温もり
           たった今気付いたふりの咳をする/ルゴールの沁む渇いた喉で
           振り向いて梅の香を嗅ぐ御影石/涅槃の慈雨に溶けゆくを待つ


なもなきふゆのほし
 をんなごのひゞもゆめゆめ
  ばゞにもなりにしおもてに
   さてもさても
    ぬさふるみこも
     きのふをとつひさきをとつひ
      のべのおくりのちかづきぬ
       みほとけわするる
        やつことなりにしをひとのかほも
         つれづれながむる
          ここながら
           とはなりおもふふしもあり
            なににかわらふなににかなく
             むしのむへんのむしさへも
              いのちはだれをまつものか
               ひいづるしまとてひおつ
                けふはかなしとてけふかなしとくらすこそ
                 るいえふのいのりなれ

           名も無き冬の星/女児の日々も夢ゆめ/婆々にもなりにし面に/
           さてもさても/幣振る巫女も/昨日一昨日先一昨日/
           野辺の送りの近づきぬ/御仏忘るる/奴となりにし夫の顔も/
           徒然眺むる/此処乍ら/永久なり想ふ節もあり/
           何にか笑ふ何にか啼く/無始の無辺の虫さへも/命は誰を待つものか/
           日出る島とて日落つ/今日儚しとて今日愛しと暮らすこそ/
           累葉の祈りなれ



    
   


自由詩 此処乍ら Copyright 仲程 2019-02-13 00:57:17
notebook Home