愛しい目
ガト

母が私に
寂しい寂しいと泣く

そのたび
犬が

ずっと母を見ている

それが
たまらなく悲しい

私ではだめですかと
犬が言っているのに

母には聞こえないのだろうか


自由詩 愛しい目 Copyright ガト 2018-12-09 04:24:41
notebook Home