笑って。
秋葉竹


なにを好んでうつろうものを
追うというの
いまからでも手に入る黄金の果実を
探さないし、感じないというの

出会いのチャンスなんて
たかがそんなものだよね

求めない
考えない
思わない
砕かない
忘れない
覚えない
なにも
しない
もの


すでにすべては明るく輝き
より多くの天国は近くに来て
さまざまな鮮明な悲しみを
自由に搔き消してくれるなら

それなら、こんなもの要らないからと
くだらない罪びとのかじる果実を
踏みにじるだけ

そんな時代の遊びのような心の染みを
刷り込まれ
苦しまされ
飲み込まされ
諦めさせられ
引き裂かれ
吐き捨てられ
望まれず
生きる
もの

あふれ、こぼれた、ものでいいから
あなたのくだらない愛をちょうだい
そんなバーチャルな吊り橋効果の
その場ごまかしのやつでもいいの

私は忘れないわ
なにも感じないけど
嘘も足りないって泣くわ

なにも望まないわ
熱望するから手に入らないものが
世界にはニコニコしながら手招きしてるから

私は忘れないわ
世界に心は持って入らなかったんだわ
そんな時代には流れる愛なんてどこにもなく
感じない果実の香りと味とが
私をスキだらけにしてくれているのだわ

涙が出てもいいはずだわ

このあと少しでも早く楽になるためには
だから笑いは世界を変える夢でもみて
馬鹿馬鹿しい眠りを覚えていれば
いいのだわ

やっぱり、涙が出てもいいはずだわ

じゃないのなら、

笑って。






自由詩 笑って。 Copyright 秋葉竹 2018-12-08 16:57:47
notebook Home