見ている(短詩過去作品)
つきみ

手に取った腐葉土独特の香り。
腐葉土が枯葉に
ミミズ、バクテリア、という掃除屋
地面の落ち葉の色が褪せる
はらはら落ち葉の色が青い
枝に葉
木の芽
太い陽に向かって伸びる枝
細くなっていく枝
二葉
土だけ

土だけ
二葉
太くなっていく枝
太い陽に向かって伸びる枝
木の芽
枝に葉
はらはら落ち葉の色が青い
地面の落ち葉の色が褪せる
ミミズ、バクテリア、という掃除屋
枯葉が腐葉土に
手に取った腐葉土独特の香り。

私は正確に過去を辿る目を持っている。
おおよそを予測する目を持っている。


自由詩 見ている(短詩過去作品) Copyright つきみ 2018-12-08 09:28:47
notebook Home