今晩は
ヤマダアサ

次から次へ家にお邪魔し
温かければ
火事を想い逃げだした
やけどは嫌で死ぬのはもっと嫌だった
主に叫び呼び止められても
わたしは飛んでいったんだ
でも
きっとあなたは忘れない忘れられない
記憶は石ころ
磨けばピカピカ光るもの
休むことない男の利き手が目に見える
綺麗になるの他人を汚して
散らかし生きる
ホームレス


自由詩 今晩は Copyright ヤマダアサ 2018-12-07 22:04:33縦
notebook Home