輪郭
ぱーちゃん

流れてく
何もかもが 僕の前を
一瞥くれて輪郭をなぞる
ただそんだけ

骨をよそって
君の横顔眺めて
ドーナツの味が分からない
ごくたまによくできた映画を観る
濁流にのまれる人人人
祭の炎があがる

ベルトコンベアの上を今日もたくさん流れてく
給与袋にシワ一つ
いつのまにか僕の躰も流れてく
      僕の心も流れてく
ぶよぶよの粒子が揺れている
一瞥くれて輪郭をなぞる
ただそんだけ


自由詩 輪郭 Copyright ぱーちゃん 2018-11-11 02:54:47
notebook Home