金と愛と
ネン

扉のない家にも窓はある
同族嫌悪の双子が住んでる
別れのない世界はつまり
生存競争であって幸せとは
言えない、多分だけれど

食べかけのサンドイッチ
同伴の深い溜め息を聞いて
とにかく堪らなくなって
この世に幸せがあるなら
自分は嫌われているのだ

病める時も健やかなる時も
地獄の果てまでも永遠に
連れ合おうなんて言えない
一人で出来ないことを
二人でやるのは無理だ

結局金があるかどうかだと
天使は人間の女を抱いている
神様の見ている前で言うので
間違っていないと思った自分が
少し恥ずかしかった


自由詩 金と愛と Copyright ネン 2018-11-10 21:29:53縦
notebook Home