連結
ミナト 螢

圧縮された恋心を
解凍できる人は
ひとりしかいなくて

私はずっと
この人を待っていた

確信に近い裏声で
お邪魔した耳元が
震えるから安心できた

足の指でティッシュを
掴むことで喜んだ背中に

腕を回して
唇のレールを滑って
上下を譲り合う
愛が連結する


自由詩 連結 Copyright ミナト 螢 2018-10-13 17:13:55
notebook Home