クレッシェンド
ミナト 螢

落ちる雨が洗い流すものは
インディゴのデニムと軽い約束

目尻に溜まった雨粒のうちの
幾つかは涙でできていたけど

指先の温度計が感じる冷たさを
手袋みたいに白い息で包む

夜の繁華街
ビルの下の群れ

緑の匂いがデパートの中の
香水と混ざり懐かしかった

扉を押すように開く傘が
クレッシェンドの記号を通過して

花柄模様が大きくなれば
遠くからでも君を探せる

濡れたデニムが足に吸い付いて
君の傘に掴まって月へ行く
水の重さを軽くできたら良い


自由詩 クレッシェンド Copyright ミナト 螢 2018-10-13 11:01:13
notebook Home