秋の傷あと
西山周




痛み
沁みこんで
真夜中に叫ぶ
狂おしい祈りの雨音




苦味
留まって
飛びたてない鳥
古ぼけた日めくりの呪い




痛み
流れれば
永遠の眠り
消えていく足音を奏で




苦味
届かない
温かな記憶
指先に遺るひとかけら


自由詩 秋の傷あと Copyright 西山周 2018-10-12 22:29:32
notebook Home