ロック
ぱーちゃん

轟音ロックをイヤホンにして
僕の躰は微動だにしない
心の奥底一点に僕の声を集め
街も人もロックも通り過ぎていくほど
静かに静かに燃えさせる
焦点の合わぬ目を
座らせて
尖らせて
もっと鈍く鈍く
その先に未来なんてない
ただ

ただ
燃えている


自由詩 ロック Copyright ぱーちゃん 2018-10-12 17:26:36
notebook Home